戻る

科 目 名  助産学特論W
担 当 者  名取 初美/平田 良江
開 講 期 前期 履修年次 1 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
  妊娠期から産褥期、胎児期・新生児期から乳幼児期までの女性と家族、乳幼児の身体的・心理社会的健康状態に応じたより質の高い助産診断と援助方法について教授する。
【到達目標】
 (知識・理解)
  1.正常な妊産褥婦、胎児・乳児(生後2歳まで)とその家族の身体的・心理社会的健康状態の助産診断と援助方法について説明できる。
  2.ハイリスク状態における妊産褥婦、胎児・乳児(生後2歳まで)とその家族の身体的・心理社会的健康状態の助産診断と援助方法について説明できる。
  3.周産期における薬物療法や母乳への薬物投与の影響と援助方法について説明できる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
  4.正常な妊娠・分娩・産褥各期の女性と胎児・新生児、家族の事例を用いて健康状態を診断し、専門性の高い援助方法について提言することができる。
  5.正常な新生児以降の2歳までの乳幼児の事例を用いて健康状態を診断し、専門性の高い援助方法について提言することができる。
  6.ハイリスク状態にある妊娠・分娩・産褥各期の女性と胎児・新生児、家族の事例を用いて健康状態を診断し、専門性の高い援助方法について提言することができる。
  7.周産期における薬物投与や母乳への薬物の影響をアセスメントし、適切な援助方法について提言することができる。
 
 (態度・志向性)
 8.妊娠期から産褥期・胎児期・新生児期から乳幼児期までの女性と家族、乳幼児の身体的・心理社会的健康状態の助産診断と援助方法について、探究することができる。
【授業内容】
  第1回 正常妊婦・胎児、家族の健康状態の助産診断と援助方法(名取、平田)
  第2回 ハイリスク状態にある妊婦・胎児の健康状態の助産診断と援助方法(名取、平田)
  第3回 正常産婦・胎児・新生児、家族の健康状態の助産診断と援助方法(名取、平田)
 
  第4回 ハイリスク状態にある産婦・胎児・新生児の健康状態の助産診断と援助方法(名取、平田)
  第5回 正常褥婦と家族の健康状態の助産診断と援助方法(名取、平田)
  第6回 産後2週間健診の背景と現状(名取、平田)
  第7回 新生児の健康状態の助産診断と援助方法
  第8回 新生児期以降〜2歳までの乳児の健康状態の助産診断と援助方法(名取、平田)
  第9回 災害時の母子への支援(三澤)
  第10回 災害時の母子への支援(三澤)
  第11回 周産期における薬物療法の理論と実際(鈴木)
  第12回 母乳の生理学と薬物投与(鈴木)
  第13回 周産期の女性と家族への援助の問題と課題@
  第14回 周産期の女性と家族への援助の問題と課題A
  第15回 まとめ(名取、平田)
【教育方法】
 事例分析によるプレゼンテーションと討議、講義
【評価方法】
 (知識・理解)
 課題レポート20%
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 プレゼンテーションと討議内容60%
 (態度・志向性)
 プレゼンテーションと討議内容20%
【必携図書】
 指定しない
【参考図書】
 適宜紹介する
【履修上の注意】
 各回事例を用いて学習を進めます。授業前に事例の分析をしておいてください。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ---

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る