戻る

科 目 名  助産学特論T
担 当 者  名取 初美/平田 良江
開 講 期 前期 履修年次 1 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 日本及び諸外国における助産を取り巻く現状や助産師教育、助産師に求められる能力とその課題について探究できるよう教授する。
【到達目標】
 (知識・理解)
  1.日本及び諸外国の助産師教育のシステムと現状を説明できる。
  2.助産師に必要な能力と助産教育との関連、及び課題を説明することができる。
  3.日本及び諸外国の母子保健の現状と課題を説明できる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
  4.日本及び諸外国における母子保健の現状の分析から、助産業務に関する課題を提示することができる。
  5.助産師に求められる能力と助産師教育の関連を考察し、今後の助産師教育を展開する上での課題を提示することができる。
 (態度・志向性)
 6.助産師に求められる能力と助産師教育、並びに母子保健の向上への助産業務上の課題を探究することができる。
【授業内容】
  第1回  助産の概念と助産の定義(名取・平田)
  第2回  日本の母子保健の歴史、現状と課題(平田)
  第3回  日本の助産師活動と制度(早川)
  第4回  助産師の役割と責務(早川)
  第5回  助産と倫理:アドボカシーの概念とアドボカシーモデル 
  第6回  諸外国の母子保健の現状と課題@(橋本)
  第7回  諸外国の母子保健の現状と課題A(橋本)
  第8回  ICMの助産師の所信表明,助産師教育の世界基準(名取)
  第9回 ICMの助産業務に必須な能力2010年(1) (名取)
  妊娠中・分娩・出産時のケア提供能力
  第10回  ICMの助産業務に必須な能力2010年(2) (名取)
       産褥期の女性・新生児のための出産後のケア能力、自然及び人工妊娠中絶関連ケアの
  ファシリテーション能力
  第11回 日本における助産師教育の現状と課題、日本の助産師教育が求める卒業時の到達度
                                     (名取)
  第12回 日本の助産師教育の課題(名取)
  第13回 ICMが求める助産師教育のカリキュラムの概要(1) (名取)
       リソースパケット1・2
  第14回 ICMが求める助産師教育のカリキュラムの概要(2) (名取)
       リソースパケット3・4
  第15回 助産師の能力と教育に対する展望(名取・平田)
【教育方法】
 講義 プレゼンテーション 討議
【評価方法】
 (知識・理解)
 課題レポート50%
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 プレゼンテーション30%
 (態度・志向性)
 プレゼンテーション・討議内容20%
【必携図書】
 特になし
【参考図書】
 適宜紹介する
【履修上の注意】
 必要な文献・資料等について充分に事前学習して授業に臨んでください。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
  随時メールで対応、必要に応じて面接をします。
  連絡先:名取 natori@yamanashi-ken.ac.jp
 

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る