戻る

科 目 名  急性期看護学特論T
担 当 者  遠藤 みどり/渡辺 かづみ
開 講 期 前期 履修年次 1 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 重篤な外傷や急病及び手術療法などの侵襲的治療により生命危機状態にある患者とその家族が陥りやすい危機状況に対して、危機理論や危機モデル等を活用しつつ、危機的状況からの回復を促進するための看護介入について様々な事例に基づいて教授する。
【到達目標】
 (知識・理解)
 1.危機的状況にある患者とその家族を理解するために、危機理論やコ−ピング理論の原理を説明で
   きる。
 2.生命の危機的状況にある患者とその家族が陥りやすい危機状況を多角的な視点から説明すること
   ができる。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 3.生命の危機的状況にある事例をもとに、諸理論やモデルをもとに危機状態のアセスメントができ  る。
 4.生命の危機的状況にある事例や危機介入に関する論文をもとに、危機回避ならびに危機介入への
   援助方法を説明することができる。
 
 (態度・志向性)
 5.危機的状況にある患者とその家族に対する専門的な危機回避及び危機介入のあり方について探求  できる。
 
【授業内容】
 第1回 危機の概念と危機の特徴 (遠藤)                     
 第2回 危機理論の変遷と研究の動向 (遠藤)
 第3回 危機に関する概念・理論の概要(stress-coping) (遠藤)                第4回 危機に関する概念・理論の概要(social support) (遠藤)             
 第5回 危機に関する概念・理論の概要(loss/grief)  (遠藤)
 第6回 救命救急センタ−における自殺企図者の実態   (渡辺)
 第7回 PTSDと急性期看護 (渡辺)
 第8回 自殺企図者の急性期看護から精神科看護への移行過程の問題 (渡辺)          第9回 危機的な状況にある患者とその家族への危機介入モデル
     (Aguilera & Messickの問題解決モデル)(遠藤)      
 第10回 危機的な状況にある患者とその家族の危機分析と看護介入の事例分析 (遠藤)
 第11回 高侵襲的な手術療法や治療を受ける患者とその家族への危機介入   (遠藤)
 第12回ICU症候群の実態と回避のための介入                (遠藤)
 第13回 危機的な状況にある患者とその家族の危機分析と看護介入の事例分析 (遠藤)
 第14回 外傷患者とその家族への危機介入                 (遠藤)
 第15回 急性呼吸不全ならびに急性心筋梗塞患者とその家族への事例分析   (渡辺)
 
【教育方法】
 授業形態:講義、討議、プレゼンテ−ション
【評価方法】
 (知識・理解)
 事前・事後課題レポ−ト(50%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 討議・プレゼンテ−ション(30%)
 (態度・志向性)
 参加態度(20%)
【必携図書】
 随時紹介する
【参考図書】
 随時紹介する
【履修上の注意】
 基本知識をもとにしながら事例分析をします。自己の臨床看護経験や既習内容を確認した上で臨んでください。
 
 
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 問い合わせ先 midorie@yamanashi-ken.ac.jp

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る