戻る

科 目 名  慢性期看護学演習
担 当 者  米田 昭子
開 講 期 通年 履修年次 1 必修選択別

選択

単 位 数

4

時 間 数

120

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 慢性病者の様々に変化する時期に応じた慢性病の予防、診断・治療に伴う包括的アセスメントに必要となる知識・技術を基盤に、疾患コントロールのための支援技術とその評価方法を教授する。
【到達目標】
 (知識・理解)
 1.慢性病者の包括的アセスメントの視点について理解できる。
 2.健康教育の変遷を通して、慢性病者への健康教育の役割を理解できる。
 3.慢性病者の事例研究方法について理解できる。
 
 
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 4.慢性病者の包括的アセスメント力を養う。
 5.ライフヒストリー法の技術を学び、看護実践への適用について検討できる。
 6.慢性病者や家族の援助に必要な主要な概念・理論の研究と臨床応用について討議できる。
 7.関心領域の慢性病者のアセスメントツールを作成することができる。
 8.慢性病者の学習を促す教育の方略を探求することができる。
 9.慢性病者の事例研究方法について討議できる。
 
 (態度・志向性)
 10.関心領域の慢性病者に関する支援技術の開発に関心を持つことができる。
 11.慢性病者の事例研究の方法の関心を持つことができる。
 
【授業内容】
 事例を通して関心領域の慢性疾患の包括的アセスメントに必要な知識・技術を深めると共に、支援技術について学ぶ。
 
 第1回 ・オリエンテーション 
     ・践事例を振り返りながら、慢性病者に必要なアセスメントに必要な知識・技術につい     て討議する。                             (米田)
 第2回 ・文献を読み、ライフヒストリー法について学ぶ。            (米田)
 第3回 ・文献を読み、ライフヒストリー法について学ぶ。            (米田)
 第4回 ・ベナーとルーベルの現象学的人間論と看護におけるケアリングの実践の基盤を理解す     る。                                (米田)
 第5回 ・ベナーとルーベルの現象学的人間論と看護におけるケアリングの実践の基盤を理解す     る。                                (米田)
 第6回 ・ベナーとルーベルの現象学的人間論と看護におけるケアリングの実践の基盤を理解す     る。                                (米田)
 第7回 ・ベナーとルーベルの現象学的人間論と看護におけるケアリングの実践の基盤を理解す     る。                                (米田)
 第8回 ・ケアリングの特定看護分野のヘルスアセスメント演習(エンボディメントケア)                                         (米田)
 第9回 ・ケアリングの特定看護分野のヘルスアセスメント演習(エンボディメントケア)                                         (米田)
 第10回 ・ケアリングの特定看護分野のヘルスアセスメント演習(エンボディメントケア)                                         (米田)
 第11回 ・フィールドに出て、関心領域の慢性病者に対してライフヒストリー法を実践する。                                        (米田)
 第12回 ・フィールドに出て、関心領域の慢性病者に対してライフヒストリー法を実践する。                                        (米田)
 第13回 ・フィールドに出て、関心領域の慢性病者に対してライフヒストリー法を実践する。                                        (米田)
 第14回 ・フィールドに出て、関心領域の慢性病者に対してライフヒストリー法を実践する                                         (米田)
 第15回 ・得られたライフヒストリーを解釈しプレゼンを通して、慢性病者の理解を深める。
     ・実践への適用について検討する。                  (米田)
 第16回 ・慢性病者特定領域の教育支援技術とその評価(慢性病者の教育に用いられる理論―アン   ドラゴジー、患者の行動変容を促す方法、効果的な教育計画・実践・評価)について学ぶ@                                      (米田)
 第17回 ・慢性病者特定領域の教育支援技術とその評価(慢性病者の教育に用いられる理論―アン   ドラゴジー、患者の行動変容を促す方法、効果的な教育計画・実践・評価)について学ぶA                                      (米田)
 第18回 ・慢性病者及びその家族への健康教育の変遷を学び、健康教育における高度な看護実践に   ついて検討する@                            (米田)
 第19回 ・慢性病者及びその家族への健康教育の変遷を学び、健康教育における高度な看護実践に   ついて検討するA                            (米田)
 第20回 ・関心領域の慢性病者を対象とした疾患コントロールに向けた患者教育モデルを作成する    @                                 (米田)
 第21回 ・関心領域の慢性病者を対象とした疾患コントロールに向けた患者教育モデルを作成する    A                                 (米田)
 第22回 ・関心領域の慢性病者を対象とした疾患コントロールに向けた患者教育モデルを作成する    B                                 (米田)
 第23回 ・関心領域の慢性病者を対象とした疾患コントロールに向けた患者教育モデルを作成する    C                                 (米田)
 第24回 ・関心領域の慢性病者を対象とした疾患コントロールに向けた患者教育モデルを作成する    D                                 (米田)
 第25回 ・関心領域の慢性病者を対象とした疾患コントロールに向けた患者教育モデルを作成する    E                                 (米田)
 第26回 ・慢性病者の事例研究方法について学ぶ@                 (米田)
 第27回 ・慢性病者の事例研究方法について学ぶA                 (米田)
 第28回 ・慢性病者の事例研究方法について学ぶB                 (米田)
 第29回 ・慢性病者の事例研究方法について学ぶC                (米田)
 第30回 ・慢性病者の事例研究を学ぶD                     (米田)
【教育方法】
 関連課題に関する論文を読み、臨床応用について検討する。
  
 第8〜10回:ヘルスアセスメントとしてのエンボディメントケアについて実習室で実施する。
 第11〜14回:フィールドに出て、慢性病者へのインタビューを実施する。
 第15回:プレゼンテーションを行う。
 第16〜17回:慢性病者への教育支援技術を文献から学習する
 第18〜19回:慢性病者及びその家族への健康教育の変遷を文献から学習する。
 第20〜24回:関心領域の慢性病者を対象とした疾患コントロールに向けた患者教育モデルについて     文献レビューにより学習する。
 第25回:プレゼンテーションを行う。
 第26〜29回:慢性病者の事例研究方法について文献から学ぶ。
 第30回:自己の実践について事例研究方法にのっとりプレゼンテーションする。
【評価方法】
 (知識・理解)
 事前学習・プレゼンテーション(60%)
 
 
 
 
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 討議(20%)
 
 (態度・志向性)
 レポート(20%) 
 
【必携図書】
 ・Dorothea E.Orem (小野寺杜紀訳):オレム看護理論 第4版 医学書院 2005
 ・小島操子 : 看護における危機理論・危機介入 第3版 金芳堂 2013
 ・中野卓 他 :ライフヒストリーの社会学 弘文堂 1995
 ・Benner P. Wrubelj(1989)/難波卓志(1999):現象学的人間論と看護、医学書院
 
 
【参考図書】
 【参考図書】
  授業開始前に文献リストを提示する。
 
【履修上の注意】
 ・前期は、遠隔授業で行う。
 ・詳細な演習日程については、別途提示する。
 
 
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 メールでの対応を行う。(米田:yonedaok@yamanashi-ken.ac.jp )

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る