戻る

科 目 名  慢性期看護学特論W
担 当 者  米田 昭子
開 講 期 前期 履修年次 1 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 慢性病を持つ人々の生活の質を維持していくための治療環境、地域社会支援などを、調整するための知識・技術を教授する。
 また、多職種・他機関との効果的な連携のあり方や、病棟・外来・地域・在宅・職場などにおける療養環境を調整する方策を教授する。
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 1.慢性病を持つ人々の生活の質向上に向けた地域医療連携の方法を説明できる。
 
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 2.慢性病を持つ人の療養環境を調整する方策について、討議することができる。
 
 
 (態度・志向性)
 (態度・志向性)
 3.慢性病を人と家族が質の高い生活が送れるための調整・連携について考察を深めることができる。
 
【授業内容】
 第1回 ・オリエンテーション
 第2回 ・慢性病者の治療や療養支援技術におけるチーム医療の考え方(米田)
 第3回 ・慢性病者の意思決定を尊重するための理論と方法について (佐藤)
 第4回 ・慢性病者の意思決定を尊重するための理論と方法について   (佐藤)
 第5回 ・慢性病者のケアに必要なシステムを整えるための調整の技法 (米田)
 第6回 ・慢性病者のケアに必要なシステムを整えるための調整の技法 (米田)
 第7回 ・多職種とのケースカンファレンス開催の調整・運営     (米田)
 第8回 ・慢性病者の療養生活の継続を支えるための調整の技法
      (セルフケア継続のための調整・治療継続のための調整・QOLを考えた調整)(米田)
 第9回 ・慢性病者の療養生活の継続を支えるための調整の技法
      (セルフケア継続のための調整・治療継続のための調整・QOLを考えた調整)(米田)
 第10回 ・慢性病者と治療環境(1)外来治療環境の整備とCNS:フットケア外来の開設と運営の実    際 (ゲスト講師・米田)
 第11回 ・慢性病者と治療環境(2)外来治療環境の整備とCNS:看護専門外来の開設と運営の実際
     (ゲスト講師・米田)
 第12回 ・慢性病者と治療環境(2)外来治療環境の整備とCNS:看護専門外来の開設と運営の実際
                               (ゲスト講師・米田)
 第13回 ・地域医療連携室の役割、慢性病患者の退院調整 SW等との連携  (米田)
 第14回 ・地域医療連携室の役割、慢性病患者の退院調整 SW等との連携  (米田)
 第15回 ・慢性病者のケアに特有な倫理的課題         (ゲスト講師・米田)
     ・慢性病者と家族に関わる倫理的課題への対応(事例検討) (ゲスト講師・米田)
 
【教育方法】
 (事前事後学習課題)
 第1〜4回:文献リストをもとにテーマに沿ってプレゼンテーションの準備をする。
 第5〜9回:調整の技法について文献リストをもとに自己学習をしておく。
 第10〜12回:外来開設について自己学習しておく。
 第13〜14回:退院調整について自己学習しておく。
 第15回:慢性病者の倫理的課題について、特論、演習の授業及び、自己の経験を基に、討議する。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 事前学習・プレゼンテーション(20%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 討議(50%)
 
 
 (態度・志向性)
 レポート(30%)
 
【必携図書】
 特になし
【参考図書】
 授業開始前に文献リストを提示する。
【履修上の注意】
 ・遠隔授業で行う                                    
 ・事前学修に基づくプレゼンテーション並びにCNSの調整機能に関する事例検討を中心に授業を進めるので、積極的に参加して学修を深めること。
 
 
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 メールでの対応を行う。(米田 :yonedaok@yamanashi-ken.ac.jp)

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る