戻る

科 目 名  老年看護学特論W(高齢者の終末期ケア論)
担 当 者  渡邊 裕子/小山 尚美
開 講 期 後期 履修年次 1 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

地域課題科目

 
【科目の目的】
 『高齢者の終末期』の概念について理解を深めると共に,終末期にある高齢者とその家族の抱える課題と介護施設等を利用している高齢者の終末期のQOL(生活の質)について明らかにし,その維持・向上のためのケアのあり方について考究できるよう教授する。また,高齢者が住み慣れた所で,最期までその人らしく生活することを支えるケア方法論構築の必要性について考究できるよう教授する。
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 1.高齢社会の動向を踏まえ,『高齢者の終末期』に目を向ける必要性を理解し説明することができる。
 
 2.『高齢者の終末期』の概念、定義を理解・整理し,説明することができる。
 
 3. 終末期にある高齢者とその家族の抱える課題について理解を深め,説明することができる。
 
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 1.『高齢者の終末期』のケアに関する諸理論を学び、論理性のあるプレゼンテーションができる。
 
 (態度・志向性)
 1.高齢者が住み慣れた所で、最期までその人らしく生活することを支えるケア方法論構築の必要性について考究できる。
【授業内容】
 第1回 高齢社会の現状と高齢者の死 (流石)
 
 第2回 高齢者の終末期(end of life)ケアの概念 (流石)
 
 第3回 高齢者の意思決定支援−Advance Care Planningを中心に−(渡邊)
 
 第4回 終末期にある高齢者の身体・心理的特徴 (渡邊)
 
 第5回 高齢者施設における終末期ケアの現状と課題@−ケア従事者の視点から−
     (高齢者介護施設看護師・小山)
 
 第6回 高齢者施設における終末期ケアの現状と課題A−当事者の視点から−
     (高齢者介護施設看護師・小山)
 
 第7回 高齢者施設における終末期ケアの現状と課題B−家族の視点から−
     (高齢者介護施設看護師・小山)
 
 第8回 生活の場での看取りの意義(高齢者介護施設看護師・小山)
 
 第9回 高齢者の終末期ケア(看取りケアを含む)とその評価 (渡邊)
 
 第10回 重度認知症高齢者の終末期ケア(認知症看護認定看護師)
 
 第11回 高齢者ケアにおける看護と介護の連携と協働−高齢者施設でのケアを中心に− 
     (高齢者介護施設看護師・小山)
 
 第12回 終末期にある高齢者のQOLを支えるケア (渡邊)
 
 第13回 終末期にある高齢者のアセスメントとケア@(渡邊・小山)
      −事例検討:施設に入所している高齢者のアセスメント− 
 
 第14回 終末期にある高齢者のアセスメントとケアA(渡邊・小山)
      −事例検討:アセスメントに基づくケアプランの作成− 
 
 第15回 終末期にある高齢者のアセスメントとケアB(渡邊・小山)
      −看取りケアとエンゼルメイク− 
 
 
【教育方法】
 •Power Pointや文献資料等を用いて講義を行う。
 
 •受講生によるプレゼンテーションや討議を取り入れたアクティブラーニングで授業を展開する。
 
 ・15回はテーマに沿ってまとめを行い,レポートを作成・提出する(2,000字程度)。
【評価方法】
 (知識・理解)
 課題レポート 20%
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 事前学習・プレゼンテーション 40%
 (態度・志向性)
 授業への参加・討議の状況 40%
【必携図書】
 指定しない。
【参考図書】
 必要に応じ随時提示する。
【履修上の注意】
 各回のテーマに沿って自己学習を行い,プレゼンテーション及び討議の準備をして臨んでください。
 
 プレゼンテーションの方法については,別途オリエンテーションいたします。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 質問は面接やメール等で適宜対応します。
 自己の課題を明確にしながら,積極的に学びを深めてください。
 メールアドレス  渡邊:yuwatanabe@yamanashi-ken.ac.jp
          小山:fujimaki@yamanashi-ken.ac.jp

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る