戻る

科 目 名  在宅看護学演習
担 当 者  佐藤 悦子/依田 純子/泉宗 美恵
開 講 期 通年 履修年次 1 必修選択別

---

単 位 数

4

時 間 数

120

授業形式

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 在宅看護学特論をもとに、フィールドワークを通じて在宅看護の現状と課題、役割を具体的に探究できるよう教授する。
 また、在宅看護の先駆的な活動に関する知識・見聞を広め、在宅看護の質向上及び開発に向け探究できるよう教授する。
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 1.在宅看護の現状と課題、役割を具体的に検討し説明できる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 2.在宅看護に関する先駆的な活動や研究の文献検討ができる。
 3.自己の課題について文献検討等をもとに解決策を検討し、検証のためのフィールドワークを行
  い、結果を考察できる。
 4.フィールドワークの成果を、論理的思考をもとにまとめることができる。
 
 
 (態度・志向性)
 5.在宅看護の質向上及び開発に向け探究する態度を学修できる。
【授業内容】
 第1〜4回 オリエンテーション
  在宅看護の現状と課題、役割を具体的に検討
 第5〜8回 理論や文献をもとに、在宅看護の現状と課題、役割を考察
 第9〜12回 在宅看護に関する先駆的活動事例の検討
 第13〜16回 在宅看護に関する研究のクリティーク
 第17〜22回 自己の課題について文献検討等を行い解決策の立案
 第23〜50回 解決策の検証および結果の考察
       フィールドワークを通して検証
 第51〜58回 フィールドワークの成果のプレゼンテーション及び意見交換
 第59〜60回 フィールドワークの成果をもとに在宅看護の質向上、開発について意見交換
 
 *フィールドワークの場所
   訪問看護ステーション 地域包括支援センター 病院地域連携室 等
 
 
【教育方法】
 ---
【評価方法】
 (知識・理解)
 課題について事前・事後レポート (50%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 フィールドワークの成果に関する分析 (40%)
 
 
 (態度・志向性)
 参加態度 (10%)
【必携図書】
 特に指定しない。
【参考図書】
 別途提示する。
【履修上の注意】
 ---
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 オフィスアワーは、特に設定しない随時。
  質問等がある場合は次のメールアドレスまで etukos@yamanashi-ken.ac.jp
 

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る