戻る

科 目 名  在宅看護学特論U
担 当 者  佐藤 悦子/依田 純子
開 講 期 前期 履修年次 1 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 在宅療養者と家族の健康や生活に活用できるフィジカルアセスメント・セルフケアアセスメント・家族アセスメント・生活環境アセスメントの理論やモデルを学び、在宅看護専門看護師に必要な包括的アセスメントの能力を教授する。
【到達目標】
 (知識・理解)
 1.在宅療養者の健康および生活を維持するために必要なフィジカルアセスメントの内容と方法を説
   明できる。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 2.在宅療養者と家族を主体としたセルフケアアセスメントおよび、家族アセスメントの理論を理解
   し、在宅看護への活用について説明できる。
 3.安全で安心な在宅療養環境を整えるための生活環境アセスメントの視点を学び、在宅看護への活
   用について説明できる。
 
 (態度・志向性)
 4.在宅看護専門看護師に必要な包括的アセスメントの能力を探求できる。
【授業内容】
 1回  在宅看護におけるフィジカルアセスメント                   
    在宅療養者の生命維持に直結する呼吸・循環・意識状態のアセスメント     (依田)
  
 2回 在宅看護におけるフィジカルアセスメント                  
    在宅療養者の健康状態の安定を図る摂食嚥下・消化・排泄・運動・認知機能等のアセスメン
    ト                                   (依田)
 3回 在宅療養者の状態の安定と自立を支援する理論と方法             
    オレムのセルフケアの理論の在宅看護への活用、療養者及び家族のセルフケアディマンドの
    算定                                  (佐藤)
 
 4回 在宅療養者の状態の安定と自立を支援する理論と方法             
    在宅療養者のセルフケア不足のアセスメントを基にした課題の明確化
    療養者及び家族のセルフケアエイジェンシーを発揮する看護計画の立案    (佐藤) 
  
 5回 在宅療養者の疾病や障害に応じた生活支援のためのアセスメント     
    在宅の生活環境:日本の住宅の特徴と高齢者の生活・在宅での事故防止
       (伊東誠三:一級建築士/福祉住環境コーディネーター 伊東工務店専務取締役)
                                        (依田)
 6回 在宅療養者の疾病や障害に応じた安全で安心な在宅療養環境整備
    在宅療養者の生活動作と安全を考慮した居住環境アセスメントの視点 
    PT・OTおよび住宅改修等に携わる職種との連携協働による生活環境調整
        (伊東誠三:一級建築士/福祉住環境コーディネーター 伊東工務店専務取締役)
        (久保田好正:作業療法士 株式会社斬新社代表取締役)       (依田)
 
 7回 生活機能モデルに基づいた在宅療養者の支援方法                 
     国際生活機能分類(ICF)の理論 生活の自立、活動・参加からみる生活課題(依田)
  
 8回 生活機能モデルに基づいた在宅療養者の支援方法                
     ICFの目的と実践的意義 在宅看護への活用               (依田)
 
 9回 生活者としての在宅療養者と家族のアセスメントの理論と方法
  家族を理解するための諸理論(家族発達理論/家族システム理論/家族ストレス対処理論等)
  (竹村華織:家族支援CNS 海老名総合病院看護部長)(佐藤)
 
 10回 生活者としての在宅療養者と家族介入モデルと在宅看護への活用
  渡辺式家族アセスメントモデル  家族看護過程の構造と家族ケアの留意点 
  (竹村華織:家族支援CNS 海老名総合病院看護部長)(佐藤)
 
 11回 生活者としての在宅療養者と家族のアセスメントの理論と方法
  渡辺式家族アセスメントモデルを活用した事例検討
                (竹村華織:家族支援CNS 海老名総合病院看護部長)(佐藤)
 
 12回 生活者としての在宅療養者と家族のアセスメントの理論と方法  
  渡辺式家族アセスメントモデルを活用した事例検討
                  (竹村華織:家族支援CNS 海老名総合病院看護部長)(佐藤)
 
 13回 在宅療養者の安らかな終末期を支援するためのアセスメント
    在宅療養者の心身の機能低下要因と臨死期の見極め、苦痛緩和のアセスメント
  痛みの定義と分類/ 痛みのアセスメント・スケール/ 疼痛緩和のための薬物の使用方法と留
  意点
    がん性疼痛のマネジメント(WHO3段階除痛ラダーとレスキュー・ドーズ)/薬物療法以外の疼
  痛緩和
    (中島朋子:在宅看護CNS 東久留米白十字訪問看護ステーション所長)(依田)
 
 14回 在宅療養者の安らかな終末期を支援するための包括的アセスメント
  事例検討(プレゼンテーション・ディスカッション)
  (中島朋子:在宅看護CNS 東久留米白十字訪問看護ステーション所長)(依田)
 
 15回 在宅療養者の安らかな終末期を支援するための包括的アセスメント
  事例検討(まとめ)
  フィジカル(症状・徴候)アセスメント/セルフケアアセスメント/生活環境アセスメン
  ト/家族看護アセスメント
  (中島朋子:在宅看護CNS 東久留米白十字訪問看護ステーション所長)(依田)
 
【教育方法】
 講義及び学生のプレゼンテーションをもとに討議を行う。
 学生からの事例提示をもとに、事例の内容と支援について討議し、在宅看護専門看護師としての視点を考察する。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 プレゼンテーション・資料作成(30%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 発表・討議(20%)
 (態度・志向性)
 課題レポート(40%)
【必携図書】
 特に指定しない。 
【参考図書】
 1) 米丸亮他編:ナースのためのCDによる呼吸音聴取トレーニング,南江堂,2001
 2) 山内豊明:フィジカルアセスメントガイドブック,医学書院,2005
 3) 山内豊明監修:訪問看護アセスメント・プロトコル改訂版,中央法規出版,2015 
 4) 日野原重明編:フィジカルアセスメント ナースに必要な診断の知識と技術,医学書院,2007
 5) 石川朗他:言語聴覚士のための呼吸リハビリテーション,中山書店,2010
 6) 田中靖代:看護・介護のための摂食・嚥下リハビリ―食べるって楽しい!, 日本看護協会出版
  会,2001
 7) 鈴木重行編:写真でわかる! 1冊で習得する! 嚥下障害エクササイズ&ストレッチマスター
  BOOK,gene,2017
 8) 井上登太:5分以内で助けよう! 誤嚥・窒息時のアプローチ,gene,2017
 9) 前田啓介:誤嚥性肺炎の予防とケア(7つの多面的アプローチをはじめよう),医学書院,2017
 10)小山珠美:口から食べる幸せをサポートする包括的スキル 第2版: KTバランスチャートの活用
  と支援,医学書院,2017
 11) 野原幹司:認知症患者さんの病態別食支援: 安全に最期まで食べるための道標,メディカ出
  版,2018
 12)佐々木英忠,紙屋克子,高野喜久雄,金谷節子:誤嚥性肺炎を予防する口腔ケア-摂食機能向上に
  より患者のQOLを高める (上巻), オーラルケア,2008
 13) 米山武義,小山珠美,田中靖代,黒岩恭子:誤嚥性肺炎を予防する口腔ケア-摂食機能向上により
  患者のQOLを高める (下巻) , オーラルケア,2
 14) 浦上克也:認知症 よい対応とわるい対応、正しい理解と効果的な予防,日本評論社,2010
 15) 池田由里子,久保田好正,保坂和輝,伊東誠三:リハビリテーション×ライフ〜暮らしのリノベー
  ション・住宅改修と住環境整備 7つの新常識〜ムック,2018
 16) 溝口千恵子:ケアプランに欠かせない「住宅改修モデル100」,日本看護協会出版会,2001
 17) 溝口千恵子・加島守:生活に合わせたバリアフリー住宅Q&A,ミネルヴァ書房,2002
 18) 溝口千恵子:介護がラクになる 住宅バリアフリープラン実例集 (介護ライブラリー),講談社
  ,2007
 19) 佐藤悦子著:エキスパート・ナース看護学生版Vol.7 No.8 15-39,照林社,1998 
 20) ドロセア E.オレム,オレム看護論,医学書院,2005
 21) 上田敏:ICFの理解と活用,萌文社,2009
 22) 大川弥生:「よくする介護」を実践するためのICFの理解と活用,中央法規出版,2009
 24) 黒沢貞夫編:ICFを取り入れた介護課程の展開,建帛社,2010
 25) 小木曽加奈子:高齢者ケアの質を高めるICFを活かしたケアプロセス,学文社,2015
 26) 諏訪さゆり:ICFの視点を活かしたケアプラン実践ガイド,日総研出版,200727) 林彰敏他編:
 がん性疼痛ケア完全ガイドブック,照林社,2010
 28) 余宮きのみ:がん疼痛緩和の薬がわかる本 第2版,医学書院,2016
 29) 吉田健史:がん治療のための緩和ケアハンドブック,羊土社,2017
 30) 今西二郎,相原由花,岸田聡子:患者さんから学ぶ臨床アロマケアの秘訣,南山堂,2018
 31) 武田文和:トワイクロス先生の緩和ケア: QOLを高める症状マネジメントとエンドオブライ
  フ・ケア,医学書院,2018
 32) 木澤義之, 山本亮他編:いのちの終わりにどうかかわるか (ジェネラリストBOOKS) ,医学書
  院,2017
 33) 宮下光令,林ゑり子編:看取りケア プラクティス×エビデンス: 今日から活かせる72のエッセ
  ンス,南江堂,2018
 34) 鈴木和子他:家族看護学,日本看護協会出版会,2007
 35) 渡辺裕子著:渡辺式家族アセスメントモデルで事例を解く,医学書院,2009
 36) 中西睦子監修:家族看護学,建帛社,2005 
 37) 森山美知子編:ファミリーナーシングプラクティス,家族看護の理論と実践,医学書院、2001
 38) 野嶋佐由美他編:家族看護Vol.02 No.02「家族アセスメントに基づいた家族像の形成」,日本
  看護協会出版会,2004
 
【履修上の注意】
 事前課題に対する学生のプレゼンテーションを中心に授業を行います。十分に文献等を検討して、準備して臨んでください。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 質問がある場合は、次のところへ連絡をしてください。
   Email:etukos@yamanashi-ken.ac.jp

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る