戻る

科 目 名  基礎看護学特論W(援助技術論)
担 当 者  稲垣 順子/西村 明子/城戸 滋里
開 講 期 後期 履修年次 1 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 実践科学としての実践知の構造と臨床判断過程を理解し、援助技術の根拠・卓越性・専門性について考究できるよう教授する。
【到達目標】
 (知識・理解)
  1.看護の技について説明できる。
  2.臨床推論から看護を実践するプロセスが説明できる。
  3.卓越した看護実践がいかに育まれるかについて説明できる。
  4.最新の知見をもとに、看護実践の科学的根拠が説明できる。
  5.援助技術における倫理性、援助技術と安全・安楽・自立の促進について説明できる。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
  1.看護実践の科学的根拠に関する課題をプレゼンテーションができる。
  2.最新の知見をもとに看護実践の科学的根拠を明確化できる。
  3.批判的に論文を読むことができる。
 (態度・志向性)
 1.科学的・論理的に志向できる。
【授業内容】
  第1回 看護の技(Art&Science)とは何か(城戸)
  第2回 臨床推論から看護を実践するプロセス(稲垣)
  第3回 卓越した看護実践を育む方略(稲垣)
  第4回 対人関係におけるコミュニケーション(西村)
  第5回 環境調整に関する看護実践の科学的根拠と評価(西村)
  第6回 活動と運動に関する看護実践の科学的根拠と評価(稲垣)
  第7回 睡眠と休息に関する看護実践の科学的根拠と評価(稲垣)
  第8回 栄養と食事に関する看護実践の科学的根拠と評価(稲垣)
  第9回 排泄に関する看護実践の科学的根拠と評価(稲垣)
  第10回 清潔に関する看護実践の科学的根拠と評価(稲垣)
  第11回 教育・カウンセリングの実践と評価(西村)
  第12回 マネージメント・コーディネーションの実践と評価(稲垣)
  第13回 援助技術における倫理性(稲垣)
  第14回 援助技術と安全・安楽・自立の促進(城戸)
  第15回 援助技術の研究における課題(城戸)
【教育方法】
 看護実践における最新の援助技術の科学的根拠に関する文献を読み、クリティークを通してその内容・評価方法について討議する。また、課題に関するプレゼンテーションを実施するなどアクティブラーニングを行う。
【評価方法】
 (知識・理解)
 文献の内容に関する知識・理解度(30%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 授業及び討議の準備状況(20%)、発表(30%)
 (態度・志向性)
  取り組み状況(20%)
【必携図書】
 深井喜代子監修 ケア技術のエビデンスT・U・V へるす出版
【参考図書】
  斉藤武郎監訳 EBMの道具箱 中山書店
  山川みやえ・牧本清子 編著 よくわかる看護研究論文のクリティーク 日本看護協会出版会
  別府宏国 考える看護の基本 EMN思考を身につける 中山書店
【履修上の注意】
 必携図書・参考図書をしっかり読んで下さい。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
  メールでの対応及び必要時面接を行う。
  稲垣順子(inagaki@yamanashi-ken.ac.jp)、西村明子(anishimura@yamanashi-ken.ac.jp)まで

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る