戻る

科 目 名  基礎看護学特論T(看護総論)
担 当 者  稲垣 順子/城戸 滋里
開 講 期 前期 履修年次 1 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 看護の構成要素となる概念や理論の構造を理解し、看護現象における諸課題との関連からヒューマンケアとしての看護の本質について考究できるように教授する。
【到達目標】
 (知識・理解)
  1.看護を考える上の構成要素となる概念と理論の構造について説明できる。
  2.自己理解・他者理解について説明できる。
  3.ケアの本質とケア・ケアリングについて説明できる。
  4.実践知のもつ意味について説明できる。
  5.看護学の展望と課題について説明できる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
  1.ケア本質とケアリングについて考えを深めることができる。
  2.自己の考える看護の構造化とプレゼンテーションができる。
 (態度・志向性)
 1.科学的・論理的に志向できる。
 
【授業内容】
  第1回 看護学の歴史的変遷(城戸)
  第2回 看護の哲学と前提条件(城戸)
  第3回 メタパラダイムの捉え方と変遷(稲垣)
  第4回 人間存在の捉え方と理論の構造(稲垣)
  第5回 健康の捉え方と理論の構造(稲垣)
  第6回 環境の捉え方と理論の構造(稲垣)
  第7回 主観・客観の捉え方とパラダイム転換(稲垣)
  第8回 既知への問いと自己理解・他者理解(稲垣)
  第9回 看るということ、ケアとケアリングの意味(稲垣)
  第10回 ケアリングの構成要素と基盤(稲垣)
  第11回 CureとCareの融合(稲垣)
  第12回 アドバンストプラクティスと看護(稲垣)
  第13回 看護と実践知(稲垣)
  第14回 看護学の展望と課題(稲垣)
  第15回 自己の考える看護の構造化とプレゼンテーション(稲垣)
【教育方法】
 テーマに沿ってプレゼンテーション・討議などのアクティブラーニングを取り入れ、課題を明確化し学修する。
【評価方法】
 (知識・理解)
 プレゼンテーションの内容に関する知識・理解度(30%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 授業及び討議の準備状況(20%)、発表(30%)
 (態度・志向性)
 取り組み状況(20%)
【必携図書】
  高橋照子著 人間科学としての看護学序説 医学書院
  筒井真由美編集 看護理論 南江堂
【参考図書】
  アン・マリナー・トメイ マーサー・レイラ・アリグッド著 都留伸子訳 看護理論家とその業績  医学書院
  ミルトン・メイヤロフ著 田村真・河野宣之訳 ケアの本質 ゆるみ出版
  ジーンワトソン/筒井真由美 看護におけるケアリングの探求 日本看護協会出版会
  ヴィクトール・E・フランクル著、池田 香代子訳 夜と霧 みすず書房
  千田義光:現象学の基礎 放送大学教材
 
【履修上の注意】
  必携図書・参考図書をしっかり読んで下さい。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
  メールでの対応及び必要時面接を行う。
  稲垣順子(inagaki@yamanashi-ken.ac.jp)まで

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る