戻る

科 目 名  看護統計学
担 当 者  本間 隆之
開 講 期 前期 履修年次 1 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
  看護学の実践および研究に必要となる統計学および量的研究のデザインについて考える
【到達目標】
 (知識・理解)
  統計学の用語と基礎的概念を説明できる。
  研究における統計学の意義及び役割を説明できる。
  データの種類に基いて適切な統計手法を選択することができる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
  研究課題に対して、統計学と疫学の理解を踏まえた考察ができる。
  エクセルや統計分析アプリを用いて質問票調査データの基礎的集計ができる。
 (態度・志向性)
  論文に記載されている統計について理解し、批評できる。
【授業内容】
  @科目説明「看護学における統計学の役割と必要性」
  A統計学の基礎「母集団と標本、測定尺度、代表値、散布度の指標」
  B統計学の基礎「誤差」
  Cミニテスト、母集団の推定、不偏推定値、標準誤差
  D区間推定
  Eクロス集計、期待値と差
  F統計学的仮説検定
  Gミニテスト、誤差
  H信頼性と妥当性
  I研究計画と統計学
  J質問票と分析計画
  K演習「データを準備する」
  L演習「データ分析の準備をする」
  M演習「記述統計」
  N7演習「関連の検討」
 
  *既習者の聴講も歓迎しますが、積み重ねの科目なので1回のみの参加では難しいと思います。
  資料準備や日時変更があるので事前にご連絡ください。
【教育方法】
  事前学習を踏まえた受講者間のディスカッションと発表により、考えを深めることをを主体とした講義を行う。
  そのため、事前学習等の時間の確保や講義への積極的主体的な参加が必要となる。
  パソコンを用いた問題解決型のデータ分析演習を行う。
【評価方法】
 (知識・理解)
  ミニテスト(10%)
  筆記試験(20%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
  演習課題(20%)
 (態度・志向性)
  終講課題(50%)
【必携図書】
  ・指定しません。
  ・「参考図書」の欄やを参考にして、自分が使いやすいものを使ってください。
  ・開講後に相談していただいても構いません。
【参考図書】
  【統計学の基礎向け(事前学習レベル)】
  ・日本統計学会編:資料の活用(統計検定4級対応)
  ・日本統計学会編:データの分析(統計検定3級対応)
  ・松原望:わかりやすい統計学(第2版).丸善,2009.
  ・岩永雅也:社会調査の基礎 (放送大学教材)
  【量的研究を理解したい人向け】
  ・福井次矢:臨床研究マスターブック. 医学書院, 2008.
  ・石井京子:ナースのための質問紙調査とデータ分析.医学書院,2010.
  ・佐藤俊哉:宇宙怪人しまりす医療統計を学ぶ. 岩波書店, 2005.
  ・佐藤俊哉:宇宙怪人しまりす医療統計を学ぶ検定の巻. 岩波書店, 20012.
  ・福原俊一:リサーチ・クエスチョンの作り方. 健康医療評価研究機構. 2008.
  【量的研究を自分で実施したい人向け】
  ・木原雅子:医学的研究のデザイン(第4版). MedSI, 2014.
  ・丹後俊郎:統計学のセンス. 朝倉書店. 1998.
  ・丹後俊郎他:新版医学への統計学. 朝倉書店. 1993.
  ・木原雅子他:現代の医学的研究方法. .MedSI, 2012.
  ・木原雅子他:医学的介入の研究デザインと統計 . MedSI, 2013.
  【統計ソフトSPSSの利用法】
  ・酒井 麻衣子:SPSS完全活用法データの入力と加工.東京図書, 2005.
  ・酒井 麻衣子:SPSS完全活用法―データの視覚化とレポートの作成.東京図書,2005.
  【web上の学習資源】
  ◎gacco「統計学T(4月開講)」(http://gacco.org/)
  ◎ICR-web臨床研究入門(https://www.icrweb.jp/)
  ◯日本循環器病予防セミナー(社)日本循環器予防学会(https://www3.netrecorder.jp/JACD/regist/user.html)
  ◯edX(https://www.edx.org/)など
 
  【その他】
  ・学部の講義「保健統計学」で使用「高木広文:ナーズのための統計学(第2版).医学書院.2009.」
  ○他にも良い本はたくさんあります。webにも優れた資料やサイトがあります。
  ○講義中にも適宜紹介します。必要に応じてご相談ください。
【履修上の注意】
  ・講義内容の補完として外部のMOOC「gacco」をおすすめします。各自でアカウント登録をして利用できるようにしてください。初回の講義で登録と利用について説明します。
  ・統計の入門書は各自使いやすいと思うものを入手して自学自習に努めること。
  ・表計算ソフト(MS Excel)の基本的な使い方は演習(6月)までに習得しておくこと。
  (エクセルを使って、平均値や標準偏差の算出、グラフの作成ができることがのぞましい)
  ・受講者と協議の上、授業内容の一部を変更する場合があります。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
  ・受講者間の積極的な議論により考えを深めることを重視して講義を行っています。そのため、教えてもらおうという態度ではなく、自ら学び考えることが求められます。
  ・近年、WEB上の学習資源は非常に充実しています。講義内でも紹介していますが、これらを活用することを強く勧めます。
  ・質疑等は随時、歓迎します。
  ・履修登録者みんなでスキルアップできるようグループで学ぶことをおすすめします。
  ・講義で扱う範囲はごく限られたものになりますので、研究で用いる個別の統計手法については指導教員から指導を受けてください。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る