戻る

科 目 名  看護管理論
担 当 者  山田 光子/陣田 泰子
開 講 期 前期 履修年次 1 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
  看護マネジメントに関する基礎的知識を学修する。組織における看護職の役割について看護管理の視点から考え、主体的に関与する力を養う。
【到達目標】
 (知識・理解)
  1)組織論、管理過程、人的資源開発、医療の質、アウトカムマネジメント、リーダーシップに関する基礎的理論について説明できる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
  1)個人と組織を統合するための管理の基礎知識を学修し、看護管理上の諸問題を「個人の問題」としてではなく「管理・組織・システムの問題」として捉え直すことができる。
  2)個人と組織の統合や組織変革を図る問題解決手法を用いて看護管理上の諸問題を分析し、対策を考えることができる。
 (態度・志向性)
  1)レポート、プレゼンテーション、グループディスカッションを通して自己管理能力およびグループ管理能力を学修する。
【授業内容】
  第1〜2回   看護管理概論
         看護管理過程と看護管理の要素
   看護の組織化、組織論
 
  第3〜4回   組織分析 組織変革理論
         リーダーシップとマネジメント
 
  第5〜6回   労働環境と管理
         ワークライフバランス
         看護サービスと看護の質の評価
 
 
  第7回   看護管理の歴史ならびに欧米との比較
        (ゲスト講師)
   
  第8回    看護管理と経験学習
 
  第9回〜11回 看護現場の管理
         看護の概念化、ナレッジマネジメント
         (ゲスト講師 陣田泰子先生)
   
  第12〜13回  看護職を取り巻く制度と法
        診療報酬制度・介護保険制度
 
  第14〜15回  職場の変革と方略
          自己課題と人材育成、職場の変革
【教育方法】
 授業開講が6月18日からであるが、現時点(4月21日)で基本的に遠隔授業とする。
 グループディスカッションは、グーグルクラスルームで行う予定である。
 
 2方向性の講義、グループディスカッション、プレゼンテーション等を用いたアクションラーニングの授業とする。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
  レポートによる試験を行う(40%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
  レポート、プレゼンテーション(40%)
 (態度・志向性)
  出席率、授業態度、グループディスカッション(20%)
【必携図書】
 ---
【参考図書】
  P.S.Yoder-Wise.2014.Leading and Managing in Nursing(6th ed.),Mosby.ISBN:9780323185776
  井部俊子,中西睦子,他.2018.看護管理学習テキスト1,1巻〜8巻,別巻,日本看護協会出版会.
  相馬孝博(監・訳),上條優子(訳).2006.患者安全のシステムを創る-米国JCAHO推奨のノウハウ,医学書院.ISBN:9784260001472
  桑田耕太郎,田尾雅夫.1999.組織論,有斐閣アルマ.ISBN:9784641120495
  米国医療の質委員会・医学研究所,医学ジャーナリスト協会(訳).2002.医療の質-谷間を超えて21世紀システムへ,日本評論社.ISBN:9784535982031
  Stephen Morris.1998.Health Economics for Nurses : an introductory guide, Prentice Hall.
  ISBN:9780132559935
【履修上の注意】
  曜日、時限、場所が変わるため注意してください。
  日本看護協会出版会の「看護管理学習テキスト」のページ等を示しますので事前学習することが望ましい。
 さらに、グーグルクラスルームに関して事前に学習しておくことが望ましい。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 基本的に、学習の指示はメールで行うので、メールを受信できる環境を整えましょう。
 

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る