戻る

科 目 名  理論看護学
担 当 者  高橋 照子
開 講 期 前期 履修年次 1 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 卓越した看護実践の基盤となる看護における諸理論や看護に関する諸理論と看護現象の関係について理解を深めるために必要な知識を教授し、理論と実践の循環性を探究する。
【到達目標】
 (知識・理解)
 1.看護実践の基盤となる諸看護理論を理解できる。
 2.看護に関する諸看護理論と看護現象の関係について理解できる。
 3.専門的な看護への応用的視点を理解する
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 4.諸看護理論を理解し、実践における意義を探究できる。
 5.諸看護理論と看護実践の循環性について探究できる。
 (態度・志向性)
 6.自らの看護実践を、看護理論を通して評価することができる、
【授業内容】
 第1回 ガイダンス、看護理論とは、理論の構成要素について学ぶ
 第2回 看護理論の変遷、理論の分類および看護学の20世紀・21世紀の特徴と今後の展望について学ぶ
 第3回 各看護理論の主要概念について学ぶ
 第4回 各看護理論の主要概念と看護実践の関係性について検討する。
 第5回 ナイチンゲール看護論 ヘンダーソン理論 ペプロウ理論について抄読を通して理解する。
 第6回 ナイチンゲール看護理論 ヘンダーソン理論 ペプロウ理論の実践への適応について提示事例を用いて検討する
 第7回 オレム理論 ロイ理論 レイニンガー理論について学ぶ
 第8回 オレム理論 ロイ理論 レイニンガー理論の実践への適応について提示事例を用いて検討する。
 第9回 ロジャースの看護科学 パースィ理論について学ぶ
 第10回 ロジャースの看護科学 パースィ理論の実践への適応を検討する
 第11回 M.ニューマン理論 ワトソン理論 ベナー看護論について学ぶ
 第12回 M.ニューマン理論 ワトソン理論 ベナー看護論の実践への適応について検討する
 第13回 今まで学んだ理論を活用し自己が体験した看護現象との関連性について検討する@
 第14回 今まで学んだ理論を活用し自己が体験した看護現象との関連性について検討するA
 第15回 看護理論と実践の循環性についての意見交換を行い、専門的な看護への応用的視点を検討する。
【教育方法】
 事前:各理論家の時代背景・人となり・理論の概要を調べ、プレゼンテーションの準備をする。
 講義・プレゼンテーションを通じて、学生各自のもつ看護実践と看護諸理論の適応について検討する。
 自らの実践に照らして、各理論を吟味し、実践と理論の循環性を検討し理解する。
【評価方法】
 (知識・理解)
 プレゼンテーション(70%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 講義・プレゼンテーションに対する質疑応答(10%)
 (態度・志向性)
 授業参加態度(20%)
【必携図書】
 ・筒井優由美編:看護理論 看護理論20の理論を実践への応用、南江堂
 ・Tomey,Ann Marriner,and Alliigood,Marthe Raile:Nursing Theorists and Their Work,6th edition,
 Mosby 2005.都留伸子監訳:看護理論家とその業績,医学書院
 ・高橋照子:看護の地図帖 ライフサポート社2018
【参考図書】
 ・J. フォーセット (著), Jacqueline Fawcett (原著), 太田 喜久子 (翻訳), 筒井 真優美 (翻訳):
 フォーセット看護理論の分析と評価 新訂版 - 、医学書院 2008
 ・野川道子(編):看護実践に活かす中範囲理論 メヂカルフレンド社 2015
 他 随時紹介する
【履修上の注意】
 なし
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 メールアドレス:t-takahashi@tks.bunri-u.ac.jp

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る