戻る

科 目 名  看護学研究法
担 当 者  遠藤 みどり/平尾 百合子
開 講 期 前期 履修年次 1 必修選択別

必修

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 看護研究を計画するために、看護を研究する特殊性・倫理性、基本的な研究方法と研究プロセスについて教授する。
【到達目標】
 (知識・理解)
 1.看護研究の意義と目的を理解し、研究目的達成のためのさまざまな方法について知識を得る。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 2.量的研究・質的研究の基礎および実際について学び、文献をクリティークする中で必要な研究手法を身につけ、実践できる。
 (態度・志向性)
 3.看護研究の特殊性や倫理性をふまえて考えることができる。
【授業内容】
 第1回 オリエンテーション 看護研究の意義と目的、研究のプロセス (遠藤みどり)
 第2回 研究疑問の明確化 (遠藤みどり)
 第3回 研究不正に関する基本的知識 看護研究に伴う倫理的な問題と対処方法 (名取 初美)
 第4回 研究デザインとエビデンス (遠藤みどり)
 第5回 看護研究に必要な文献検索と文献検討の方法 文献検索の演習を含む (平尾百合子)
 第6回 看護研究に必要な文献検索と文献検討の実際
     各々の研究テーマに合わせ国内外の文献検索の方法を習得 (平尾百合子)
 第7回 看護研究における量的な研究の基礎 (小田切陽一)
 第8回 看護研究における測定尺度に関する検討 (小田切陽一)
 第9回 量的研究方法を用いた研究のクリティーク (小田切陽一)
 第10回 看護研究における質的な研究の基礎 (遠藤みどり)
 第11回 質的統合法(KJ法)を用いた看護研究の理論 (山浦晴男・佐藤悦子)
 第12回 質的統合法(KJ法)を用いた看護研究の実際
    質的統合法(KJ法)を用いた質的データ分析の演習 (山浦晴男・佐藤悦子)
 第13回 質的研究方法を用いた研究のクリティーク (遠藤みどり)
 第14回 文献レビューの意見交換 各々の研究領域の論文をレビューし意見交換
 (佐藤悦子・遠藤みどり・平尾百合子・米田昭子・名取初美)
 第15回 研究計画書の重要性と作成 (遠藤みどり・平尾百合子)
 
【教育方法】
 ・遠隔授業を組み入れながら行います。
 ・講義および演習を交えながら進める。また、量的・質的研究の文献クリティークを行い発表し、意 見交換を行う。
【評価方法】
 (知識・理解)
 プレゼンテーション・資料作成(30%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 発表・討議(30%)
 (態度・志向性)
 授業参加姿勢(10%) 課題レポート(30%)
【必携図書】
 特に指定しない。
【参考図書】
 D.F.ポーリット/近藤潤子訳:看護研究 第2版 原理と方法 医学書院
 バーンズ&グローブ:看護研究入門-実施・評価・活用 エルゼピア・ジャパン
 ホロウェイ&ウィーラー/野口美和子監訳:ナースのための質的研究入門 第2版 医学書院
 山浦晴男:質的統合法―考え方と手順 医学書院 2012
【履修上の注意】
 主体的な参加を希望する。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 オフィスアワーは、特に設定しない。問い合わせ先:midorie@yamanashi-ken.ac.jp(遠藤)

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る