戻る

科 目 名  日本語の歴史
担 当 者  二戸 麻砂彦
開 講 期 前期 履修年次 新3・4 旧2・3・4 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 日本語の史的変遷(上代〜近現代)を概説する。
 学士力:「国際コミュニケーション専門力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 各時代の日本語について、その理解を深め、また通時的な研究方法を学ぶ。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 過去の言語を分析することで、どのように現代語が成り立っているのかを考える契機とする。
 また、文献の実践的な分析方法も習得できるようにする。
 (態度・志向性)
 言語は時間的変遷の上に成り立つ社会的な文化であることを常に認識できる態度や指向性を目指す。
【授業内容】
 どの言語においても、通時態としての史的変遷が存在している。どのような経緯を経て現代語が成立したかを知ること、それは現代語の理解や運用に示唆的な情報をもたらすであろう。便宜としての時代区分に従い、各時期における日本語の姿を明らかにしたい。説明にあたって、具体的な文献を多数示しながら進める。また、日本語史の研究方法についても、あわせて講義する。
 第01-02回/日本語の歴史的変遷と時代区分
 第03-05回/上代の日本語(音韻・文字・文法・文章等)
  第06回:課題01作成
 第07-08回/中古の日本語(音韻・文字・文法・文章等)
  第09回:課題02作成
 第10-11回/中近世の日本語(音韻・文字・文法・文章等)
  第12回:課題03作成
 第13-14回/近現代の日本語(音韻・文字・文法・文章等)
  第15回:課題04作成
 
 今年度は授業支援システム(GoogleClassroom/Meet)を活用した遠隔授業を実施する。
 詳細は初回の授業にて。
【教育方法】
 講義の形式による。
【評価方法】
 (知識・理解)
 各時代の日本語について、その理解を深め、また通時的な研究方法を学んだかどうか。
 
 授業への取り組み(30%)
  出席確認を含む「振り返り」(400字以内)を毎回提出。
 全四回の課題作成と発表(70%)
  上古・中古・中近世・現代の各時代ごとに課題を示し、これを作成・提出する。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 過去の言語を分析することで、
 どのように現代語が成り立っているのかを考える契機としたかどうか。
 また、文献の実践的な分析方法も習得できたかどうか。
 
 授業への取り組み(30%)
  出席確認を含む「振り返り」(400字以内)を毎回提出。
 全四回の課題作成と発表(70%)
  上古・中古・中近世・現代の各時代ごとに課題を示し、これを作成・提出する。
 (態度・志向性)
 言語は時間的変遷の上に成り立つ社会的な文化であることを
 常に認識できる態度や指向性を目指したかどうか。
 
 授業への取り組み(30%)
  出席確認を含む「振り返り」(400字以内)を毎回提出。
 全四回の課題作成と発表(70%)
  上古・中古・中近世・現代の各時代ごとに課題を示し、これを作成・提出する。
【必携図書】
 金田弘・宮腰賢『新訂 国語史要説』(大日本図書/1997)
 *教科書として使用する。
【参考図書】
 図説 日本語の歴史 (ふくろうの本) (河出書房新社/2015)
 *その他、多数につき、随時紹介する。
【履修上の注意】
 国語の教員免許取得希望者や日本語教員課程修得希望者は履修することを推奨する。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 随時、オフィスアワーの活用を望む。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る