戻る

科 目 名  看護倫理学
担 当 者  西村 明子/中込 洋美/茅野 久美/野澤 由美/平田 良江
開 講 期 前期 履修年次 3 必修選択別

必修

単 位 数

1

時 間 数

15

授業形式

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
  看護行為には、単に疾患を治すための看護技術やケアの提供だけでなく、対象者やその家族の人権や価値など、倫理的な側面についても適切な判断や姿勢で臨まなければ、彼らの「最善の利益」が何であるかを問うことはできない。「看護倫理」の欧米および日本の動向を追跡する中で、倫理原則・倫理綱領などについて学び、事例を通して倫理的知識や看護職が持つべき倫理的姿勢と責任について理解できる。
 
  学士専門力:
  「教養を高める」「自己学修力」「探究する力」」「思考力・判断力」」
 
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 1.看護倫理の歴史的背景と動向および概念について理解できる。
 2.生命倫理に関する基礎的知識と看護倫理の関連を理解できる。
 3.倫理的課題を検討するために必要な法律、指針、倫理綱領、倫理原則を理解できる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 1.臨床現場における倫理的課題に気づくことができる。
 2.倫理的課題に対するアプローチを多角的にとらえることができる。
 3.看護職が持つべき倫理的姿勢と責務について考えることができる。
 (態度・志向性)
 1.グループディスカッション、プレゼンテーションを通して、他者の意見を聞き、自己の考えを積極的に発信できる。
【授業内容】
 第1回:倫理学とは(講義)
 
 第2回:専門職に求められる生命倫理(講義)
 
 第3回:看護倫理とは(講義)
 
 第4回:看護実践場面における倫理的課題へのアプローチT/倫理的課題の考え方
 (講義・グループディスカッション)
 
 第5回:看護実践場面における倫理的課題へのアプローチU/事例分析
 (講義・グループディスカッション)
 
 第6回:看護実践場面における倫理的課題へのアプローチU/看護師の倫理的姿勢と態度
 (講義・グループディスカッション)
 
 第7回:精神科看護と看護師の倫理要綱/精神保健福祉法/精神保健医療現場で遭遇する倫理的課題 に関するグループディスカッション
 
 第8回:生命倫理の4原則と母性看護学/看護者の倫理綱領から考える母性看護の対象の権利と擁護/女性の自己決定の尊重と倫理的問題/母性看護実践において遭遇する倫理的課題(講義・グループディスカッションを中心に進める)
【教育方法】
  看護倫理を学ぶ上で必要となる基礎的知識については講義形式で伝える。倫理的課題については、グループディスカッション等で意見交換しながら進める。
 
 授業外の学修
  ・事前に講義範囲のテキストを読んでくることを前提に展開する。
  ・課題に対して個人またはグループで検討し考えをまとめる。
 
 教育方法
  ・講義は、Meetによる遠隔授業で実施する。 
  ・質問がある場合は、Meetに参加し積極的に質問し解決すること。
  ・講義資料はclassroomで事前に配布するので登録すること。
  ・講義終了後、期日内にclassroomで質問・意見・感想を提出すること。
  ・第1回〜3回のテストはGoogleフォームで実施するので期日内に回答し提出すること。
  ・第4〜8回は、各グループのclassroomで、各自プレゼンテーションしながら意見交換する。
 
 実務経験のある教員による教育方法
   科目を担当する教員は、看護師資格を取得し看護師としての実務経験を有する。臨床での経験
  を看護倫理に結び付けて教授する。
 
 
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 筆記試験(40%):総論(第1回〜3回終了時のテスト)30%、第4〜8回のミニテスト10%
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 レポート(50%):倫理的課題へのアプローチ(30%)精神(10%)母性(10%)
 (態度・志向性)
 各回終了時のリアクションペーパーの提出,講義およびグループディスカッションへの参加姿勢・態度(10%)              
 *総合評価で最終的な合否を評価する。
 
【必携図書】
 系統看護学講座 別巻 看護倫理 医学書院
【参考図書】
 ---
【履修上の注意】
 遠隔授業となるため、受講の環境を整えて授業に臨むようにすること
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
  看護職にとって、倫理的判断能力や課題解決に向けた取り組みは、必然的に求められます。倫理的課題を考えられるための基礎となる倫理的知識を修得し、今後臨床場面で倫理的姿勢と責任を持つことができるように学習しましょう。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る