戻る

科 目 名  看護研究セミナー(母性看護学)
担 当 者  名取 初美/平田 良江/萩原 結花/飯嶋 玲奈/神山とき江
開 講 期 通年 履修年次 4 必修選択別

---

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 これまでに経験した事例や探究したい課題に対して「研究概論」「文献講読セミナー」で学修した研究方法論を展開しながら研究的態度を養う。
【到達目標】
 (知識・理解)
  ・研究プロセスについて理解し、説明することができる。
  ・研究計画書に必要な要素について理解し、説明することができる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
  ・経験した事例や探究したい課題から研究テーマを絞り込むことができる。
  ・研究テーマに基づいて文献検討を行うことができる。
  ・研究テーマに基づいて研究デザインを検討することができる。
  ・研究計画書を作成することができる。
 (態度・志向性)
  ・看護研究セミナー全般を通して、計画性をもって取り組むことができる。
  ・研究テーマについて倫理的配慮や科学的探究心を持ち続けることができる。
【授業内容】
 (遠隔授業・同時双方向型)
  1.これまでに経験した事例や探究したい課題から研究テーマを絞り込む。
  2.研究テーマに基づいて文献検討をする。
  3.研究テーマに基づいて研究デザインを検討する。
  4.研究計画書を作成する。
   ただし、学生の到達度に応じて、その後の研究プロセスを展開することができる。
 
 
 
 【授業外の学修】
  研究概論、文献講読セミナーでの学びを活かし、自己の興味ある課題について、文献を収集し活用できるよう準備する。
【教育方法】
 【実務経験のある教員による教育方法】
  臨床で助産師として実務経験のある教員が、臨床における課題についてディスカッションしながら研究課題について明確にし、研究計画書を作成できるよう指導する。
【評価方法】
 (知識・理解)
 思考・判断・表現/思考・技能・実践と合わせて80%
 
 ・研究計画書等の学修成果物が論理的に作成できているか総合的に評価する。(80%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 知識・理解と合わせて80%
 
 ・研究計画書等の学修成果物が論理的に作成できているか総合的に評価する。(80%)
 (態度・志向性)
 ・看護研究セミナー全般を通しての計画性や研究的態度を評価する。(20%)
【必携図書】
  各担当教員より提示された図書
【参考図書】
  各担当教員より提示された図書
【履修上の注意】
 「研究概論」「文献講読セミナー」「看護研究セミナー」の3科目を体系的に学修していく。研究領域科目の学修の積み重ねはもとより、既に学修したすべての科目の繋がりにおいて理解を深める。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 3年次オリエンテーション時に使用した「研究科目(文献講読セミナー・看護研究セミナー)学修ガイド」を熟読し臨むこと。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る