戻る

科 目 名  助産学実習
担 当 者  平田 良江/名取 初美/萩原 結花/飯嶋 玲奈/神山とき江/渡邊 由香
開 講 期 通年 履修年次 4 必修選択別

選択

単 位 数

5

時 間 数

225

授業形式

実習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 妊娠・分娩・産褥・子育て期にある女性と胎児・新生児、およびその家族に対する個別的ケアを助産師として行うために必要な能力を、実践を通して教授する。
 
  学士専門力:「自己学修力」「探究する力」「援助関係形成力」「思考力・判断力」
      「看護実践力」「連携し協働する力」「変革を志向する力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 ・正常な分娩経過が理解できる。
 ・ハイリスク分娩の病態と治療が理解できる。
 ・分娩進行中の産婦の心理的変化が理解できる。
 ・出生直後の母児のケアが理解できる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ・妊娠前、妊娠中の情報から、分娩経過への影響を判断できる。
 ・分娩開始、分娩経過を診断できる。
 ・分娩経過と母子の健康の正常・異常・ハイリスク状態が診断できる。
 ・診断に基づいた助産計画の立案と個別的援助ができる。
 ・母子の安全・安楽を達成するための、分娩介助技術を習得することができる。
 ・分娩が産婦と家族にとって有意義な体験となるような援助ができる。
 (態度・志向性)
 ・対象者やその家族と看護者としての良好な関係性を構築することができる。
 ・各分娩介助終了後、自己評価・指導者評価を踏まえ、次回への課題を明確にすることができる。
 ・医療チームの一員としての自覚を持ち、相談や報告ができる。
 ・所定の記録を各分娩介助終了後に提出し、コメントを踏まえた修正ができる。
【授業内容】
 1.実習オリエンテーションでは、日勤帯で病院、病棟、外来の構造と機能、母子へのケアの実際について説明を受ける。その後分娩介助デモンストレーションを見学する。
 2.分娩介助実習
   第1段階:(分娩見学)
         分娩介助の見学実習を行う(1〜2例)
   第2段階:(分娩介助実習)
  分娩進行に伴う入院(分娩第T期)から分娩終了後帰室までの介助とケア、
  産褥1〜2日目にバースレビューを行う(1〜3例)
   第3段階:分娩介助技術の振り返りのための分娩見学と出生直後の児のケアの実施
   第4段階:(分娩介助実習)
  分娩進行に伴う入院(分娩第T期)から分娩終了後帰室までの介助とケア
        産褥1〜2日目にバースレビューを行う
        新生児の健康状態の診断とケア(生後1時間、生後2〜3時間、生後1日目)
 
  *1例の分娩介助終了後には、評価表に基づいた自己評価・指導者評価を行う。
   *経過観察していた産婦の緊急帝王切開が決定された場合には、帝王切開分娩の立ち会いを行う。
    但し、分娩介助件数には含めない。
   *詳細は実習オリエンテーション時に配布される実習要項を参照してください。
 
 【授業外の学修】
 本科目は臨床における実習であり、実習内容やそこでの取り組みは母子の生命に直接影響を及ぼすことにも繋がります。そのため、実習前には学内での講義を復習することはもちろん、妊娠分娩経過の診断アセスメントに必要な自己学修を充分積み重ねておくこと。また、実習後には自己の分娩介助及び助産診断、助産ケアについて振り返り、実習記録をまとめる。
 
【教育方法】
 見学実習
 分娩第T期から分娩終了後帰室までのケアと分娩介助実習
 カンファレンス・事例検討会
 
 実習場所:山梨県立中央病院(2C病棟:産婦人科外来)
      市立甲府病院(3西病棟・産婦人科外来)
 
 【実務経験のある教員による教育方法】
 実習指導は実務経験豊富な助産師により行われる。CLoCMIPレベルVの助産師による指導である。
【評価方法】
 (知識・理解)
 実習の達成度(自己評価、指導者評価)50%
 実習記録40%
 (思考・技能・実践も含む)
 (態度・志向性)
 実習態度10%
【必携図書】
 指定しない
【参考図書】
 指定しない
【履修上の注意】
 自己の健康管理に十分留意すること。
 実習施設への往復については十分留意すること。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ---

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る