戻る

科 目 名  助産地域活動論
担 当 者  平田 良江
開 講 期 前期 履修年次 4 必修選択別

選択

単 位 数

1

時 間 数

15

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
  地域母子保健の概念を理解し、地域において次代を育む母子や家族への支援、生涯を通じた性と生殖をめぐる健康への支援など、住民の多様なニーズに対応できる助産活動を遂行するために必要な理論、知識・技術を教授する。
 
 学士力:「自己学修力」「探究する力」「思考・判断力」「看護実践力」「変革を
【到達目標】
 (知識・理解)
 母子の健康に影響を及ぼす地域の特性、地域母子保健活動の意義を理解し説明できる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 地域社会が直面する母子保健の諸問題を考察し、活動できる基礎力を獲得する。
 (態度・志向性)
 地域助産活動の面白さがわかり、旺盛な好奇心を持つことができる。
【授業内容】
 第1回 地域母子保健の概念
     地域母子保健とは,地域の捉え方と母子保健の意義
      母子保健をめぐる背景について(プレゼンテーション)
 第2回 日本における母子保健の概要
     制度と政策について
      母子保健関係法規について
      制度について
 第3回 地域各所における母子保健の実際と課題
    (春休みの課題を個々にプレゼンテーションしディスカッションする)
 
 【授業外の学習】
 第1回 第3回は各自が準備した資料を元にプレゼンテーションを実施するため、事前準備を行い、まとめておくこと。
 
 第4回 地域母子保健活動の実際,活動の場
     地域における子育て支援活動のあり方
 第5回 さまざまな対象における母子保健活動
     災害時の支援,外国人への支援,虐待やDVへの対処について
     地域看護学 講師 小尾栄子先生
 第6回 地域における助産師の活動と子育て支援の推進
     健康科学大学 産前産後ケアセンターママの里 センター長 榊原まゆみ先生
 第7回 市町村における母子保健行政の実際
 第8回 地域母子保健において助産師に求められること
     まとめ
 
 【授業外の学習】
 講義全体を通して、地域母子保健及び地域で暮らす母子や家族を支援するために助産師として必要とされることは何かを考え、気づいたことを次回の講義で発表する。
 
 この科目は7月に予定されている地域助産学実習に繋がる科目である。実習の事前学習として整理し、実習で学ぶことと、この科目で学んだ内容を統合し深められるよう、準備すること。
 
【教育方法】
 講義およびプレゼンテーション、ディスカッションにて進める。
 第3回 学生プレゼンテーション
 第6回 は外部講師による講義を受け、その後講師を交えて意見交換を行う。
 
 学生によるプレゼンテーションを行い、それを元に学生間での意見交換を行う。
 
 【実務経験のある教員による教育方法】
 助産師、保健師の実務経験のある教員が講義を行い、地域における課題と必要とされる支援について実践と知識を統合させる。
 
 産前産後ケアセンターセンター長より講義を受け、センターを利用する母親や家族の実際について理解を深める。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 課題レポート(60%)
 
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 第3回プレゼンテーションの内容(30%)
 (態度・志向性)
 各回の授業参加度(10%)
【必携図書】
 我部山キヨ子他 「助産学講座9 地域母子保健・国際母子保健 第5版」医学書院,2018
【参考図書】
 日本助産師会 「助産師が行う災害時支援マニュアル」日本助産師会出版,2017
【履修上の注意】
 他の助産関連科目を復習し臨んでください。プレゼンテーション資料は第3回の講義前に提出して下さい。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 地域助産学実習での学びに繋がるため、問題意識を持ち、積極的に参加して下さい。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る