戻る

科 目 名  助産新生児医療論
担 当 者  神山とき江/内藤 敦
開 講 期 後期 履修年次 3 必修選択別

---

単 位 数

1

時 間 数

15

授業形式

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 妊娠・出産を経て胎児から新生児・乳児へと成長発達していく適応過程での看護(ケア)と医療(キュア)について教授する。主に低出生体重児を含むハイリスク児に合併する病態、検査、治療、について教授する。
 学士専門力:「自己学修力」「探究する力」「思考・判断力」「看護実践力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 周産期・新生児に起こりやすい異常、患児と家族へのケアについて説明できる。
 NICUにおける医療とケア・総合周産期医療について理解し説明できる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 周産期・新生児期の代表的障害の病態生理について系統的にとらえ、必要な検査・治療・看護が記述できる。
 新生児の心肺蘇生法の理論を理解し、モデルを用いてアルゴリズムに沿った蘇生法を実施できる。
 (態度・志向性)
 新生児蘇生法技術を積極的に習得する。
 新生児の病態生理等についてわかりやすく発表し、他のグループへの質問を積極的に行う。
 授業中に理解できなかったことは、復習して次回の授業で発表する。
【授業内容】
  第1回:授業についてのガイダンス 
      母乳栄養、低出生体重児の栄養について、感染症について
  第2回:呼吸器系障害(RDS、MAS)の病態生理・検査・治療・ケア(神山)
  第3回:胎児循環から新生児循環への変化 PDA,胎児循環遺残の病態生理・治療・ケア(神山)
  第4回:黄疸、特発性高ビリルビン血症、新生児メレナの病態生理・検査・治療・ケア(神山)
  第5回:低血糖、先天性代謝異常の病態生理・検査・治療・ケア(神山)
 
 
  第6回:山梨県立中央病院総合周産期母子医療センターNICUにおける医療とケア、役割と使命
                                        (内藤)
  第7回:新生児の心肺蘇生の基本的なアリゴリズムの理論と実際(内藤)
  第8回:新生児の心肺蘇生の基本的なアリゴリズムの理論と実際(内藤)
【教育方法】
 第1回〜5回 学生のプレゼンテーションと質疑応答
 第6回〜8回 講義と演習 
【評価方法】
 (知識・理解)
 筆記試験 50%
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 プレゼンテーションの内容・質疑応答 40%
 (態度・志向性)
 プレゼンテーションと質問への積極性 10%
【必携図書】
 仁志田 博司著「新生児学入門 第5版」医学書院 6,264 円
 田村 正徳監修「日本版救急蘇生ガイドライン2015に基づく新生児蘇生法テキスト」
 メジカルビュー 3,990円
【参考図書】
 横尾 京子著「新生児ベーシックケア-家族中心のケア理念をもとに-」医学書院 3,360円
 小林 康江編「助産師基礎教育テキスト(7)ハイリスク妊産褥婦・新生児へのケア」2020年度版
 日本看護協会出版会 4,600円
 水野克己他 よくわかる母乳育児 第2版 へるす出版 3,200円
【履修上の注意】
 助産学専攻の学生は必ず履修してください。
 学生の事前学習に基づくプレゼンテーションで授業が進行します。事前学習を充分してきて下さい。
 第6〜8回は山梨県立中央病院NICU内での講義になります。
 時間までの白衣に着替えてNIUC入口に集合してください。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ---

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る