戻る

科 目 名  助産学概論
担 当 者  名取 初美
開 講 期 後期 履修年次 3 必修選択別

選択

単 位 数

1

時 間 数

15

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 女性の権利としての健康概念の歴史的背景を踏まえ、リプロダクティブ・ヘルス/ライツを基盤に、助産学の基本概念及び助産師の役割と責務を学ぶ。さらに、母子保健・女性保健の動向と諸制度を学び、理論と助産実践が統合できる基本的な知識を教授する。
 
 学士専門力:「自己学修力」「探究する力」「看護実践力」「変革を志向する力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 助産の歴史が説明できる。
 母子保健の動向と諸制度を理解し説明できる。
 リプロダクティブヘルス/ライツと女性の健康について説明できる。
 助産師・助産学と倫理について説明できる。
 女性の意思決定を支えるケアについて説明できる。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 歴史的背景を踏まえて、これからの助産や助産師としての在り方を表現することができる。
 (態度・志向性)
 積極的に自己学修し、授業の中で自己の学修結果や意見を述べることができる。
【授業内容】
 第1回 助産・助産師とは。助産・お産の歴史   
 第2回 母子保健の歴史と動向
 第3回 リプロダクティブヘルス/ライツと女性の健康
 第4回 助産師と倫理(生命倫理、職業倫理)
 第5回 助産学を構成する倫理
 第6回 助産実践に必要な能力
 第7回 女性の意思決定を支えるケア、women centered care, family centered care. 
 第8回 歴史的背景を踏まえて、これkらの助産や助産師としての在り方についてのディスカッション
 
 【時間外の学修】
 自分の出身地の妊娠・出産にまつわる風習・習慣を調べて発表する。
 毎回の授業での事前学修にをもとにしたプレゼンテーションの準備を行う。
 
【教育方法】
 講義と学生のプレゼンテーション、ディスカッション。
 
 【実務経験のある教員による教育方法】
 助産師としての長年の臨床経験を踏まえて講義等を行う。
【評価方法】
 (知識・理解)
 課題についてのレポート50%
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ディスカッション20%
 (態度・志向性)
 プレゼンテーション時の事前学修への取り組み20%
 ディスカッションへの参加度10%
【必携図書】
 1.工藤美子編:助産師基礎教育テキスト2020年版 第1巻 助産概論 日本看護協会出版会 4180円
 
【参考図書】
 授業の中でその都度示す。
【履修上の注意】
 積極的に自己学修をして臨みましょう。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ---

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る