戻る

科 目 名  専門職連携実習
担 当 者  山田 光子/佐藤 悦子/依田 純子/泉宗 美恵/横内 理乃/須田 由紀/小尾 栄子/稲垣 順子/西村 明子/大久保 ひろ美/新藤 裕冶/中込 洋美/芳賀 了/武井 泰/早出 春美
開 講 期 後期 履修年次 3 必修選択別

必修

単 位 数

1

時 間 数

45

授業形式

実習

カテゴリ

地域実践科目

 
【科目の目的】
 保健・医療・福祉の分野で働く専門職との協働の必要性を理解し、そのあり方を説明できる。また、多職種が協働して直接事例に関わっている場面の体験を通し、それぞれの専門性の理解と特徴を学び、それを活かした連携のあり方を理解し、その方法を取得できる。
 
 学士専門力:「自己学修力」「探究する力」「連携し協働する力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 到達目標
 (知識・理解)
 1.保健・医療・福祉の分野で働く専門職の特徴が説明できる。
 2.個人や家族の生活及び健康ニーズを検討し、保健・医療・福祉の専門職がチームで関わる必要性が説明できる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 3.保健・医療・福祉の分野で働く多職種の協働・連携の必要性を言語化できる。
 4.保健・医療・福祉の分野で働く専門職の協働・連携のあり方を言語化できる。
 5.多職種が協働・連携する場面を通し、個人や家族の課題解決に向けた連携のあり方を言語化できる。
 6.多職種カンファレンスに、連携の視点を明確にして参加できる。
 7.多職種が協働・連携する場面を通し、関連した職種の専門性を言語化できる。
 (態度・志向性)
 8. 保健・医療・福祉のチームの一員としてコミュニケーションを図り、互いの専門性を尊重した態度を身につけられる。
 9. 保健・医療・福祉の分野で働く専門職との協働・連携を行う上での、看護職としての自己の課題を表現できる。
 
【授業内容】
 臨地実習において、
  多職種の専門性を理解する。
  多職種との協働・連携の必要性やあり方を理解する。
 実習をとおして学び得たことを成果報告会により共有し、専門職としての協働・連携のあり方について理解する。
 
 1.実習施設:
  1)地域包括支援センター 2)居宅介護支援事業者 3)病院 4) 医療福祉センターなど、県内24の施設
 2.実習期間:1週間
 3. グループ編成:学生はグループごと(1G4〜6人)に実習を行う。
   学内グループワークは、2Gで実施する。
 4. 学習方法:4領域(看護教育学・看護管理学・地域看護学・基礎看護学)の教員が担当します。
   1)グループワーク・成果報告会(実習目標の確認や学びについてのディスカッション)
   2)臨地実習(看護や連携に関わることを見学、また看護の対象者と関わる機会ももつ)
   3)臨地実習カンファレンス(実習内容を共有する)
   4)実習記録の作成
 
【教育方法】
 <実習前>
  グループワークにより、事前学習内容を共有する。
  実習における自己の目標を明確にする。
  多職種による臨床講義を受ける。
 <臨地実習>
 <実習後>
  グループワークにより、実習での学びを共有(アクティブ・ラーニング)する。
  グループで検討した多職種連携の必要性やあり方について、学生主体で運営する成果報告会で共有する。
  課題レポートにより、専門職連携の必要性やあり方、看護職としての自己の課題を明らかにする。
 
 *詳細は、実習要項を参照してください。
 
 実務経験のある教員による教育方法
 実習に関わる教員は、看護職としての豊富な看護実践経験を有する。
 
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 看護実践および実習記録・レポート・成果報告会(20%)
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 看護実践および実習記録・レポート・成果報告会(50%)
 
 (態度・志向性)
 実習姿勢および実習記録・レポート・成果報告会(30%)
 
 
 (詳細な評価項目については、実習要項参照のこと)
 
【必携図書】
 なし
【参考図書】
 ---
【履修上の注意】
 県内24ヵ所の実習施設で実習を行います。
 実習要項をよく読み、体調を整えて実習に臨んでください。
 
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 専門性をもつ多職種が、在宅で療養する人々にどのように関わっているのか、実習をとおして学ぶことができます。
 
 
 

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る