戻る

科 目 名  在宅看護論実習
担 当 者  泉宗 美恵/依田 純子/横内 理乃
開 講 期 前期 履修年次 4 必修選択別

必修

単 位 数

2

時 間 数

90

授業形式

カテゴリ

地域実践科目

 
【科目の目的】
 様々なライフステージにある在宅療養者とその家族の生活および健康ニーズを理解し、在宅療養者・家族への看護実践をするための知識・技術・態度を学修する。また、在宅ケアシステムの一環としての訪問看護に関わる看護職の機能と役割について学ぶ。
 
 学士専門力:「自己学修力」「探究する力」「援助関係形成力」「思考力・判断力」「看護実践力」「連携し協働する力」「変革を志向する力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 1 在宅療養者・家族の生活状況を知り、疾病や障害が生活に及ぼす影響を理解し、説明できる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 2 在宅療養者・家族の健康上のニーズを把握し、看護計画を立案し実施・評価できる。
 3 在宅療養者を支援するサービス、制度、関係機関、関連職種について理解し、訪問看護師が
   関係機関や関連他職種とどのように連携をとり、在宅療養者・家族を支えているかを説明で
   きる。
 4 個別事例のケアマネジメントの必要性を理解し、さらにそこから発展させて在宅ケアシステ
   ムについて説明できる。
 
 (態度・志向性)
 5 在宅療養者への倫理的配慮について考え、援助することができる。
 
【授業内容】
 1 オリエンテーション
  1)地域の特性
  2)組織・機構
  3)訪問看護ステーションの特徴・日課
  4)利用者の状況
 2 訪問看護の実際
  1)実習期間中に複数回訪問可能な1事例を受け持ち、看護過程の一連のプロセスを展開する。
  2)受持ち事例に関しては、臨床指導者と同伴訪問できるよう計画する。
  3)受け持ち以外の事例は臨床指導者と同伴訪問し、可能な限り看護に加わる。
  4)実習期間中に可能な限り、在宅療養者が利用しているサービス等の見学を行う。
 3 カンファレンスなどの参加
  1)随時、ケア会議や医師連絡等の場面に参加する。
  2)学生間で受け持ち事例に関する事例検討を行う。
 
【教育方法】
 1 実習施設
   訪問看護ステーション
 2 教育方法
  ・受け持ち療養者に対する看護過程の展開
  ・カンファレンス及び事例検討会
  ・学生の自己評価
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 実習記録、レポートなどを総合して評価する。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 実習・カンファレンスの参加状況、態度、実習記録、レポートなどを総合して評価する。
 (態度・志向性)
 実習・カンファレンスの参加状況、態度などを総合して評価する。
【必携図書】
 学内での講義・演習等で使用した資料及び必携図書
 実習中の学生の状況により適宜紹介する
 
【参考図書】
 学内での講義・演習等で使用した資料及び参考図書
 実習中の学生の状況により適宜紹介する
 
【履修上の注意】
 *3年次前期までの実践領域のすべての必修単位を修得することが履修条件となる。
 *2年次後期履修の「在宅看護概論」「実践基礎看護技術V」、3年次前期履修の「在宅看護活動論」での学びや既習の知識・技術を活かして学習を深めること。
 *詳細な留意事項は実習要項を参照すること。
 
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 在宅看護論実習では、訪問看護師に同行し、さまざまな医療的ケアを必要とする療養者の看護に可能な限り加わり援助を展開します。既修の学習をふまえて、主体的に日常生活援助が実施できるよう準備して、実習に臨んでください。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る