戻る

科 目 名  在宅看護活動論
担 当 者  泉宗 美恵/横内 理乃
開 講 期 前期 履修年次 3 必修選択別

必修

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

地域課題科目

 
【科目の目的】
 在宅の場での看護過程の展開を学修し、在宅療養者への援助技術の実際を学ぶ。また、在宅療養者及び家族を支えるシステムを学び、他職種との協働の必要性と連携のあり方について学ぶ。
 
 学士専門力:「自己学修力」「探究する力」「思考力・判断力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 1.在宅療養者およびその家族を支える在宅ケアシステムがわかり、その中でのチームづくり・連携
  の図り方が理解できる。
 2. 在宅の場における医療処置(経管栄養法・呼吸療法・褥瘡ケア)をともなう療養者への援助に
   ついて理解できる。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 1. 在宅療養をしているペーパーペイシェントについて看護過程の展開方法が理解でき、看護過程が
  展開できる。
 2. 家庭訪問時の療養者および家族のアセスメントのポイント(フィジカル、メンタル、環境の視点
  から)がわかり、自宅での入浴可否の判断ができる。
 3. 療養者および家族のセルフケア能力を高めるための入浴介助計画(入浴前中後の観察・実施のポ
  イント)を立案し、計画に基づき安全に入浴介助を実施できる。
 
 
 (態度・志向性)
 1. 我が国における在宅療養者およびその家族の実態がわかり、看護ニーズについて考えることがで
  きる。
 2. 在宅の場での看護活動の重要性について説明できる。
【授業内容】
 1回:1 オリエンテーション
    2 在宅で療養する人々に提供される訪問看護の実際
 2〜3回:
     3 在宅の場での看護過程の実際
       在宅療養をしている事例について看護過程を展開し在宅看護の特徴を学ぶ。
 4〜5回: 
    4 看護過程演習@ アセスメント
  5 在宅で行なう褥瘡ケアの援助技術
 6〜7回
    6 療養者および家族のアセスメント技術
    7 在宅で行う経管栄養(胃ろう)の管理    
 8〜11回:
     8 看護過程演習A 看護計画の立案・評価
    9 在宅における入浴介助技術
 12〜13回
    10 呼吸療法(在宅酸素療法・人工呼吸療法)を受けている人への看護
 14回:11 看護過程演習のまとめ
 15回:12 在宅療養者および家族を支えるシステム
    13 在宅療養者とその家族を支えるチームと連携
      1)在宅療養者のニーズから多職種との協働の必要性と組織化
      2)他職種との具体的な連携の図り方
【教育方法】
 1 講義
 2 演習レポート
 3 演 習
  1)在宅療養をしている事例に対し、看護過程を展開し実施場面を中心にグループワークを行う。
  2)在宅における入浴介助技術について、事前学習,講義,演習を組み合わせて展開する。日程や
  展開方法の詳細は講義の中で提示する。
  3)在宅で行う酸素療法や褥瘡ケアなど医療的な管理の実際を体験する。
  【実務経験のある教員による教育方法】
  ・「第1回」は、在宅看護の現場で活躍している訪問看護師から、具体的な看護ケアの内容につい  て講義していただく。
  ・「第4〜5回」は、皮膚・排泄ケア認定看護師、「第12〜13回」は、慢性呼吸器疾患看護認定看護
   師から、在宅で行う援助技術の実際について講義と演習をしていただく。
【評価方法】
 (知識・理解)
 筆記試験70%  
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 レポート20%
 (態度・志向性)
 学習態度10%
【必携図書】
  1.杉本正子 眞舩拓子編集『在宅看護論−実践をことばに−』(NOUVELLE HIROKAWA)
    定価:本体2,500円+税
  2.「2019 −2020 国民衛生の動向」(厚生統計協会)
【参考図書】
 石垣和子他 編集:「在宅看護論」(南江堂)
 山崎あけみ他 編集:「第2版 家族看護学」 (南江堂)
 正木治恵編集 パーフェクト臨床実習ガイド『老年看護』第2版(照林社)
【履修上の注意】
 在宅看護概論の復習をして臨むこと。後半は演習が中心となるので既修の科目の復習をして臨むこと。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 在宅での看護について、演習を通しながら学習し、基本的な援助が在宅の場でも実施できるように
 取り組みましょう。 

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る