戻る

科 目 名  看護管理学
担 当 者  中込 洋美/山田 光子
開 講 期 前期 履修年次 4 必修選択別

必修

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 保健・医療・福祉の分野において、看護実践を行うために必要な看護管理の目的を理解する。チーム医療における看護職の役割、リーダーシップ・フォローワーシップについて理解し、専門職としての課題について考える力を養う。また、看護に関連する制度・政策の重要性を理解し、経済的視点や労働の側面から考える力を養う。
 
 学士専門力:「自己学修力」「探求する力」「思考力・判断力」「連携し協働する力」「変革を志向する力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 1. 看護管理の目的と看護業務・看護提供体制について理解し説明することができる。
 2. 医療安全および医療の質について述べることができる。
 3. 看護を経済的側面、労働の側面から説明することができる。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 1. リーダーシップ・フォローワーシップについて述べることができる。
 2. 看護に関連する法律・政策の重要性について説明することができる。
 
 (態度・志向性)
 1. チーム医療において、看護職が果たす役割・専門性について述べることができる。
【授業内容】
 第1回
 看護管理の基礎となる知識
 看護管理の定義、看護管理のプロセス、看護管理の歴史
 
 第2回〜5回
 看護ケアのマネジメント
 
 第6回〜7回
 看護サービスのマネジメント
 
 第8回
 看護サービスの評価
 
 第9回
 看護を取り巻く法律・制度
 
 第10回
 看護政策と看護行政
 
 第11回
 看護管理における経営
 
 第12回
 人材育成とキャリア形成
 
 第13回
 マネジメントに必要な知識と技術
 
 第14回〜15回
 リーダーシップとフォロワーシップ
 看護職に求められる看護管理
 
 
 
 
【教育方法】
 講義は、Google Meet 、Google Classroomを用いた遠隔授業を行います。
 Classroomにより、講義資料を事前に配布しますので登録してください。
 
 
 実務経験のある教員による教育方法
  科目を担当する教員は、
   病院の看護部主任、さらに看護師の継続教育に携わった経験をもつ
   500床以上の病院に看護師長として勤務した経験をもつ
  ゲスト講師として、
  看護政策の動向について、行政に携わる県福祉保健部医務課看護指導監
  山梨県看護協会 訪問看護ステーションの所長による講義を予定しています。
【評価方法】
 (知識・理解)
 レポートを実施し評価します(中間と最終の2回 /各25%)
 (態度・志向性)
 授業内でスモールテストを実施します (10回/50%)
【必携図書】
 神泉和子 他.系統看護学講座統合分野 看護管理 看護の統合と実践@.医学書院.2018
【参考図書】
 ---
【履修上の注意】
 遠隔授業となります。受講の環境を整えて、授業に臨んでください。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 組織の一員として、看護を必要とする人の多様なニーズに応じた、質の高い看護を提供するための基本的な知識を学びます。これまでの看護学実習での経験をいかすことで、看護管理についての学びが深まります。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る