戻る

科 目 名  医療安全
担 当 者  山田 光子/芳賀 了
開 講 期 前期 履修年次 3 必修選択別

選択必修

単 位 数

1

時 間 数

15

授業形式

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 1.医療安全の基本的な知識を教授する。
 2.医療安全における看護職の責務と役割について教授する。
 3.医療現場における危険の予知と回避および事故防止等の安全対策の理論と方法を教授する。
 
 学士専門力:「自己学修力」「探究する力」「思考力・判断力」「看護実践力」「変革を志向する力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 1.医療安全の基本的な知識について説明できる。
 2.看護業務の範囲と責任について説明できる。※感染対策,医薬品,医療機器の管理等を含む
 3.ヒューマンエラーの考え方を活かした事故防止対策について説明できる。
 4.事故報告の意味と必要性を説明できる。
 5.施設内および在宅での安全な療養環境を提供する医療チームの一員としての看護職の役割について説明できる。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 6.看護実践に潜む危険性を判断し、危険を回避するための方策を修得できる。
 
 (態度・志向性)
 7.自律した看護専門職業人としての倫理観を備え、常に安全を追求する態度を修得できる。
【授業内容】
 第1回  医療安全と看護の理念
 第2回  事故発生のメカニズムとリスクマネジメント (1)発生メカニズム 事故分析
 第3回  事故発生のメカニズムとリスクマネジメント (2)インシデント  誤薬
 第4回  事故発生のメカニズムとリスクマネジメント (3)転倒転落 チューブ類
 第5〜6回 危険予知トレーニング(KYT)
 7回   看護学生の実習と安全
 第8回  医療機関と在宅における安全対策, 医療従事者の安全を脅かすリスクと対策
 
【教育方法】
 ・授業は基本的に遠隔授業で行います。
 ・メールで授業内容を示し、課題提出で出席と評価を行います。
 ・一部グーグルクラスルームを活用する予定です。
 
 ・事前に提示した課題を深めるグループワークや事例検討、演習等のアクティブラーニングを取り入れ、自主的に医療安全について考えられるようにする。
 ・実務経験のある教員による教育方法
 500床以上の病院に看護師長として勤務した経験のある教員が全体の授業を行っている。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 ・事前課題(40%)最終課題(20%)
 
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ・小テスト(30%)
 
 (態度・志向性)
 ・授業態度(10%) 
  
  課題提出の遅れは減点(-5)とする。
  演習参加度
【必携図書】
 ・松下由美子,杉山良子,小林美雪監修:ナーシンググラフィカ看護の統合と実践A「医療安全」
   第3版2刷,2017.
【参考図書】
 ---
【履修上の注意】
 遠隔授業は、メールとクラスルーム、課題提出で行うので、自宅環境を整えること。
 現状で不可能な場合は申し出ること。
 
 
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ・3年生後期からの各論実習、さらには看護専門職業人として業務に携わるにあたり、医療安全の知識および技術の修得は必須です。看護の対象と自己の安全を確保するために、授業に自主的に取り組み、学びを深めてください。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る