戻る

科 目 名  災害看護論
担 当 者  渡邊 裕子/佐藤 悦子/前澤 美代子/三澤 みのり
開 講 期 前期 履修年次 4 必修選択別

選択

単 位 数

1

時 間 数

15

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 自然災害や人為災害において,災害が発生した直後より必要となるトリアージ,救護所や避難所での被災者(「避難行動要支援者」を含む)へのケアならびに救援者のメンタルヘルスケアなど,災害サイクル各期に応じた看護の基礎的知識・技術について教授する。
 
 学士専門力:「教養を高める力」「探究する力」「思考力・判断力」「看護実践力」「連携し協働する力」「変革を志向する力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 1.災害サイクルの各期に対応した看護の基礎的知識・技術について理解し説明できる。
 
 2.災害が地域で生活する人々や災害救援者に及ぼす影響や対策について理解し説明できる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 1.災害時におけるトリアージの意義と,一次トリアージおよび二次トリアージの方法を理解し説明できる。
 
 2.トリアージタッグの使用方法を理解し,シミュレーションできる。
 
 (態度・志向性)
 1.災害看護に期待される能力と災害看護の基本姿勢について,自己の考えを述べることができる。
【授業内容】
 第1回:災害及び災害看護に関する基礎的知識 (渡邊)
     災害および災害看護の定義,災害の種類と特徴,災害看護に期待される能力 他
 
 第2回:災害サイクルと各期における看護@-超急性期〜あ急性期- (前澤)
 
 第3回:災害サイクルと各期における看護A-慢性期〜静穏期-(前澤)
 
 第4回:災害時に必要な技術であるトリアージの目的と意義 (ゲスト講師:松田)
 
 第5回:災害時に必要な技術である一次トリアージ及び二次トリアージの方法 (松田)
 
 第6回:災害が避難行動要支援者に及ぼす影響とその支援 (渡邊)
 
 第7回:災害時の地域アセスメントと避難所(「福祉避難所」を含む)・仮設住宅・復興住宅における看護及び社会資源の活用(佐藤)
 
 第8回:災害時各期における精神保健医療活動−被災者・遺族、支援者のメンタルヘルス−(三澤)
    
 
 
 【授業外の学修】
 ・教科書の関連ページを熟読した上で,各単元に臨むこと。
 
 ・第1回〜5回
  災害の種類と疾病構造,災害サイクル,トリアージの基本的な事項を予習・復習をしておくこと。
 
 ・第6回〜8回
 「避難行動要支援者」「福祉避難所」「災害時のメンタルヘルス」等,各回のキーワードとなる内容は,第1回〜第5回の学びを復習した上で臨むこと。
  日本看護協会_新型コロナウイルス感染症関連情報
【教育方法】
 【教育方法】
 ・Google ClassroomとGoogle Meetで双方向の遠隔授業を中心に展開する。
 
  <アクティブ・ラーニングを取り入れた教育方法>
 ・“なぜ?”“どうして?”等,学生の思考をより深めるような問いを適宜設定する。
 ・minutes paper等で,自己の考えを述べる機会を適宜設定する。
 
 
 1.講義
  必携図書及びPowerPointやDVD映像を用いて講義する。
 
 2.演習
  4〜5回はゲスト講師による授業で,トリアージの方法についてSTART変法やPAT法を用いて提示された事例のトリアージを体験的に学ぶ。
 また,実際に使用されているトリアージタッグ(訓練用)を用いて,記載方法や装着手順等を学ぶ。
 
 【実務経験のある教員による教育方法】
 ・学内の担当教員は看護師・保健師として豊富な臨床経験を有しており,これまでの実務経験を活かして,当該科目の知識と統合させて指導を行う。
 
 ・ゲスト講師の松田潔先生は,豊富な災害時の実践現場経験を有しており,災害支援の実務経験を活かして,当該科目の知識と統合させて指導を行う。
 
 
 
 
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 ・各講義におけるminutes paperによる学びの整理状況(40%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ・各講義におけるminutes paperによる到達目標の達成状況(40%)
 ・トリアージタッグ(訓練用)を用いたトリアージの実践(12%)
 (態度・志向性)
 ・遠隔授業への参加姿勢・態度(8%)
 
【必携図書】
 小井土雄一,石井美恵子:看護の統合と実践A災害看護学,メジカルフレンド社,2020.
【参考図書】
 山ア達枝:災害現場でのトリアージと応急処置,日本看護協会出版会,2011.
 
 その他,必要時紹介する。
【履修上の注意】
 看護師教育課程及び養護教諭一種免許状課程で卒業する学生は,必ず履修してください。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 既に1〜3年次に選択科目「災害支援」を受講した学生は,災害の種類と疾病構造,災害サイクル,トリアージの基本的な事項を学んでいますが,本科目ではそれらを網羅しつつ災害が発生した時に求められる看護の機能に焦点が当たっています。この機会に,看護職者として身につけておきたい災害看護の基本をしっかり学修しましょう!
 
 ・質問は,メールを活用してください(「災害看護論」の授業日9時〜18時)。
  渡邊:yuwatanabe@yamanashi-ken.ac.jp
  ※件名を「質問_災害看護論_学籍番号○○」とする。
  
 

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る