戻る

科 目 名  地域保健活動論T
担 当 者  村松 照美/小尾 栄子
開 講 期 前期 履修年次 3 必修選択別

選択

単 位 数

3

時 間 数

45

授業形式

演習

カテゴリ

地域実践科目

 
【科目の目的】
 地域で生活する人々の発達段階における健康課題やリスクを抱える人々への保健活動について理解し、主に個人・家族及び集団に対する、健康相談・訪問指導(家庭訪問)・健康診査・健康教育の技術の原則を理解し、その活動方法について教授する。
 
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 1)公衆衛生看護活動の方法である健康相談・訪問指導(家庭訪問)・健康診査・健康教育の目的及び特徴を説明できる。
 2)既習の看護学をふまえて、地域で生活する人々の発達段階における健康課題やリスクを抱える人々への保健活動について説明できる。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
  1)健康相談・訪問指導(家庭訪問)・健康診査・健康教育の知識をもとに、ロールプレイング等を通して実施することができる。
  2)個人・家族、集団、地域の各々の健康課題の解決のための、効果的な活動方法について考えることができる。
 
 (態度・志向性)
 1)生活をふりかえり、自分自身や人々の健康づくりに関心を持つことができる。
 2)自分の住む地域における保健活動の根拠となる保健福祉行政施策に関心をもつことができる。
 
【授業内容】
 第1回 1.地域全体の健康レベル向上のための公衆衛生看護の機能 
     2.公衆衛生看護活動の方法とその目的
     3.公衆衛生看護活動の方法と対象
 第2回 4.母子保健活動 (発達段階と保健サービス) 
     5.成人保健活動 (発達段階と保健サービス)
 第3回 6.高齢者保健活動 (発達段階と保健サービス)
 第4回 7.感染症保健活動(健康課題と保健サービス)
     8.災害保健活動 (健康課題と保健サービス)
 第5回 9.難病保健活動  (健康課題と保健サービス)
     10.障害者(児)保健活動 (健康課題と保健サービス)
     11.精神保健活動 (健康課題と保健サービス)
 第6回 12.健康相談とは (個人へのアプローチ) 
     13.健康診査とは (個人へのアプローチ)
 第7回 14.訪問指導とは(個人・家族ヘノアプローチ)
 第8回 15.健康相談・訪問指導の演習準備
 第9回   演習:訪問指導と健康相談
 第10回  演習:訪問指導と健康相談
 第11回  演習:訪問指導と健康相談
 第12回 演習:訪問指導と健康相談
 第13回 16.健康教育とは(集団へのアプローチ)
   1)健康教育の実際
 第14回 2)健康教育のプロセス 
  3)健康教育の方法
  演習のすすめ方
 第15回 17.健康教育の演習
 第16回  演習:健康教育グループ学習
 第17回 演習:健康教育グループ学習
 第18回 演習:健康教育グループ学習
 第19回 演習:健康教育グループ学習・発表準備
 第20回 演習:健康教育グループ学習の成果発表
 第21回 演習:健康教育グループ学習の成果発表
 第22回 18.授業の振り返り・まとめ
 第23回  授業の振り返り・まとめ
 
 【時間外の学修】
 ・第1〜7回及び第14回講義は必携図書の重要ポイントを中心に授業をすすめる。したがって講義 に当たる部分の予習をしておく。また保健活動については、関連する各看護学・保健福祉行政学 の内容を復習しておく。
 ・授業後の課題作成によって学習内容の整理をする。
 ・演習において、訪問指導等の演習前課題学習によって基礎知識の整理や演習後のレポート作成等 を通して学修の整理をする。
 
【教育方法】
 【教育方法】
 基本的に遠隔授業(同時双方向型の予定)で実施する。
 1.講義:必携図書・プリント教材及び視聴覚教材を活用する。
 2.演習:公衆衛生看護活動の方法のうち、健康相談・訪問指導(家庭訪問)・健康診査・健康教育の  知識をもとに、演習やグループワークによる学習の成果発表を行う。
 【実務経験のある教員による教育方法】
 保健師または養護教諭の実務経験がある(看護師・保健師・養護教諭一種免許状資格あり)。
 また、看護教員として臨床実習、公衆衛生看護学実習、養護実習において、20年以上患者・療養者やその家族、また地域住民への看護活動について、臨地実習指導者と協働しながら、学生と共に教育活動や研究活動に努めている。
【評価方法】
 (知識・理解)
 ・筆記試験(40%)、授業後課題のレポート(20%) 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ・訪問指導(家庭訪問)や健康相談に関する演習前課題レポート(20%)
 (態度・志向性)
 ・演習実施後のレポート(20%)
【必携図書】
 ・2年次の公衆衛生看護学概論で活用した『公衆衛生看護学.jp』(インターメデイカル)
 ・公衆衛生看護学概論で活用した『国民衛生の動向』
【参考図書】
 ・授業内で適宜紹介をする
【履修上の注意】
 ・保健師課程履修学生は必修科目となります。
 ・本科目は、公衆衛生看護看護活動の方法論についての学習が中心となります。学修効果を高めるに は看護学をはじめとする知識が基礎となりますのでこれまでの授業の復習が必須です。
 ・各自治体の保健事業について、日頃から関心をもってHP等から調べてみましょう。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 事前学習、講義及び演習中において不明な点は、その都度積極的に質問をしてください。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る