戻る

科 目 名  精神看護学実習
担 当 者  清水 智嘉/三澤 みのり/野澤 由美
開 講 期 前期 履修年次 3〜4 必修選択別

必修

単 位 数

2

時 間 数

90

授業形式

実習

カテゴリ

地域実践科目

 
【科目の目的】
 精神科病院において入院治療を受ける対象者との関係形成を基盤として,対象者のセルフケア能力に合わせて看護過程の展開の実際について学習できるように指導する。あわせて,看護職者が対象とその家族を含めて社会復帰を支援するにあたり,精神保健医療福祉の多職種と協働・連携する実際についても学修できるように指導する。さらに,看護実践を通して自己洞察する態度を培うことができるように指導する。
 
 学士専門力:「教養を高める力」「自己学修力」「探求する力」「援助関係形成力」
       「思考力・判断力」「看護実践力」「協働し連携する力」「変革を志向する力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 1.対象者を身体的・心理的・社会的側面から総合的に理解することができる。
 2.精神科リハビリテーションにおける個別のサポートシステムを構築するための多様な専門職および地域の人々と協働・連携する中での看護師の役割について理解することができる。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 3.対象者とかかわりを持ち,相互作用をふりかえり,援助関係を形成することができる。
 4.対象者の生活史とサポートに関する情報(成育歴,学歴,職歴,生活習慣,趣味,家族状況など),疾患と医療に関する情報(既往歴,現病歴,身体の健康状態,医療チームの方針など),精神状態の把握を通してセルフケア能力をアセスメントすることができる。
 5.対象者の目指すリカバリーやその人の持つ強み(ストレングス)を尊重し,アセスメントに基づいて個別性のある援助を計画・立案・評価することができる。
 6.地域で生活する精神障害者とのかかわりを通して,精神保健医療福祉サービスを利用するその人
 にとっての意味を説明することができる。
 (態度・志向性)
 7.対象者と取り巻く物的および人的環境に関心を向け,対象者の安全や人権が守られることについて,倫理的観点から自分の考えを発信することができる。
 8.援助関係をふりかえり,自己洞察を深めることで自己の課題を言語化することができる。
 9.実習病棟および実習グループのチームワークを考え,その一員として行動することができる。
【授業内容】
  1日目 病院・病棟オリエンテーション,受け持ち患者決定,患者とのかかわり,カンファレンス
  2日目 受け持ち患者とのかかわり,日常生活援助,カンファレンス
  3日目 プロセスレコード検討会,受け持ち患者とのかかわり
  4日目 精神障害者のリカバリーを支援する事業所のオリエンテーション,利用者とのかかわり,
     活動への参加,カンファレンス
  5日目 利用者とのかかわり,活動への参加,カンファレンス
  6日目 ケースカンファレンス,受け持ち患者とのかかわり
  7日目 受け持ち患者とのかかわり,日常生活援助,カンファレンス
  8日目 受け持ち患者とのかかわり,ケアの実施,カンファレンス
  9日目 受け持ち患者とのかかわり,関係の終結,ケア評価,カンファレンス
 10日目 学内での最終カンファレンス,評価面接
【教育方法】
 ※前期に関しては、短時間での演習の実施・遠隔授業・個人ワークを中心として実施する。
  詳細は実習初日のオリエンテーションで配布。
 
  1.学生は7〜8人のグループ編成とする。
  2.精神科病院の病棟,精神障害者のリカバリーを支援する事業所で実習を行う。
  3.実習初日に事前課題を提出する(9月の実習オリエンテーション時に配布)。
  4.受け持ち患者とのかかわりの場面をプロセスレコードを用いてふりかえり,自己洞察を深める。
  5.受け持ち患者のケースカンファレンスを開催し,看護過程を展開する。
  6.状況に応じて治療プログラムに参加あるいは見学する。
  7.カンファレンスの場で意見交換を行い,学びを深める。
  8.テーマを焦点化した最終レポートを作成する。
  9.実習最終日には自己評価に基づき教員と評価面接を行う。
 
 【実務経験のある教員による教育方法】
 ・精神科病院、その他の関連施設で看護師・保健師として実務経験を有する3名の教員と実習施設の看護師による実習指導を行う。
【評価方法】
 (知識・理解)
 事前課題,実習記録,看護過程,実習内容などから実習評価表に基づき総合的に評価する。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 実習記録,看護過程,実習内容,最終レポートなどから実習評価表に基づき総合的に評価する。
 (態度・志向性)
 出席状況,実習に臨む態度,カンファレンスへの参加状況などから実習評価表に基づき総合的に評価する。
【必携図書】
 ・実践領域 実践応用科目 看護学実習『精神看護学実習』
 ・実習までに修得すべき看護技術
 ・吉松和哉・川野雅資編:『精神看護学T 精神保健学』
             『精神看護学U 精神臨床看護学』 NOUVELLE HIROKAWA
【参考図書】
 治療学各論U(精神),精神保健論,精神看護学の講義資料および学習資料
【履修上の注意】
 精神看護学の単位取得が必須となります。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 実習中は次のようなキーワードについて深く考えましょう。
  @自己成長
  A精神障害者観
  Bノーマライゼーション
  Cリカバリー
  D強み(ストレングス)

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る