戻る

科 目 名  老年看護学実習
担 当 者  小山尚美/渡邊裕子/茅野久美
開 講 期 前期 履修年次 3〜4 必修選択別

必修

単 位 数

3

時 間 数

135

授業形式

実習

カテゴリ

地域実践科目

 
【科目の目的】
  様々な健康レベルにある高齢者とその家族の生活及びニーズについて知り、加齢・疾病及び障害が身体・心理・社会に及ぼす影響を総合的に理解し、対象のQOL向上の視点から老年看護の方法について教授する。合わせて、高齢者の生活を継続的に支えるための援助技術ならびに関連他職種との連携と高齢者ケアシステムについて教授する。
【到達目標】
 (知識・理解)
 1.介護老人保健施設における関連他職種との連携の実際を理解し、その中で看護師の役割や機能について自分の言葉で表現できる。
 2.高齢者ケアシステムにおける「介護老人保健施設」の理念と役割・機能およびサービス内容を理解し、説明できる。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 1.老年期にある人を、発達段階、加齢に伴う身体的・心理的変化、疾病や障害、治療やケア、生活史、生きがいや役割、価値観などから関連づけて理解し、説明することができる。
 2.療養棟で生活する高齢者及びその家族の生活の質(QOL)の維持・向上を目的とした個別性のある看護計画を立案し、その時々の状況を判断して実施し、反応や変化から評価でき、一連の過程を表現できる。
 3.実習で関わった事例を通して、必要なケアシステムと看護の継続について考察し、表現することができる。
 4.自己の高齢者観を深め、自分の言葉で表現することができる。
 
 (態度・志向性)
 1.実習体験から、高齢者のケアやそれに関連して発生することが予測される倫理的な問題状況について取り上げ、高齢者の人権を尊重したかかわりについて考察し、表現することができる。
 2.実習に主体的に取り組むことができる。
 
【授業内容】
 1)老年期にある人の多面的理解
 2)老年期にある人およびその家族の生活の質(QOL)維持・向上に対する援助
 3)高齢者ケアシステムの理解
 (1)高齢者を取りまく人々
 (2)様々な生活の場
 (3)高齢者の生活の質(QOL)維持・向上のための様々な連携
 (4)高齢者ケアシステムの中での看護の役割
 4)高齢者観の自己洞察と高齢者を尊重した関わり
 
 
 【授業外学修】
 ・介護保険サービス(施設サービス・居宅サービス)の概要および関連多職種(介護支援専門員・介護福祉士・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・社会福祉士・支援相談員・栄養士・薬剤師・医師など)の役割について述べられるようにしておくこと。
 ・受け持ち利用者を理解するための多面的な学習、介護保険制度に関する学習、実習記録の作成など
 
 
【教育方法】
 2020年度4年次前期は、Google Classroom、Google Meet、電話等を利用した双方向の遠隔演習やカンファレンス、個人ワークを中心に展開する。
 
 到達目標を達成するために、上記「授業内容」を意識しながら、実際の施設内で撮影したビデオ等を活用して、受け持ち高齢者の看護過程を展開する。
 
 合わせてフィールドワーク(電話によるインタビュー等)やケースカンファレンス等を適宜行う(遠隔)。
 
 実習最終日には、学生の自己評価をもとにした担当教員との評価面接を行なう(遠隔)。
 
 具体的なスケジュールや展開方法については、初日のオリエンテーション(Google Meetで実施)で説明する。初日の9時からオリエンテーションが開始できるよう、余裕をもってGoogle Classroomに入り、「Meetのリンク」に表示されてたURLからGoogle meetに入ること。
 
 
 
 
 【実務経験のある教員による教育方法】
 ・教員の資格・職業・実務経験:以下の関連サイトで本科目担当者の欄を参照
 ・具体的な教育方法:本科目担当者および老年看護学教員による実習指導に加え、臨床講師による実習指導を行なう。
 
  山梨県立大学 看護学部 教員一覧
【評価方法】
 (知識・理解)
 実習評価表に基づき実習到達度、実習態度、実習記録等により総合的に評価する。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 (知識・理解)欄に表記
 (態度・志向性)
 (知識・理解)欄に表記
【必携図書】
 指定しない
【参考図書】
 指定しない
【履修上の注意】
 ・本科目履修にあたり「老年看護学」が単位認定されていることが必須となります。
 ・「老年看護学」および「ヘルスアセスメント実践論」「実践基礎看護技術V」の講義や演習で学習した内容を活かして実習に臨んでください。
 ・実習記録用紙は、大学ホームページからダウンロードして使用してください。
 ★詳細は実習要項を参照してください。
 
 本科目はCOC+ CCRCコースの専門実践科目です。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ・既習の学習を統合して実習が展開できるよう、復習をして実習に臨んでください。
 ・学び多き実習になるよう心身の状態を良好に保ち実習に臨んでください。
 ・実習中、教員にはメールや電話、Google Meet等を活用して積極的に質問してください。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る