戻る

科 目 名  成人・老年臨床看護学実習U
担 当 者  高岸弘美/武田真弓/前澤美代子/米田昭子/平尾百合子
開 講 期 前期 履修年次 3年後期 4年前期 必修選択別

必修

単 位 数

3

時 間 数

135

授業形式

実習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 成人・老年期にあり、慢性的な健康障害をかかえる人の生活、生活機能、発達特性、病態生理および治癒過程について総合的にアセスメントし、日常生活を調整するための支援について教授する。また、患者の主体的な療養生活を支援するために必要なケアシステムや専門職連携のあり方を教授する。
 学士専門力:「自己学修力」「探究する力」「援助関係形成力」「思考力・判断力」「看護実践力」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 1.慢性病をもつ人の生体機能、病態生理、治療過程、発達特性および生活過程を把握し説明できる。
 2.慢性病をもつ人の病気の受け止め方と心理・社会的状態を理解し説明できる。
 3.検査や処置を受ける患者の看護を見学して、看護の役割と他部門・多職種との連携について説明できる。
 4.慢性病をもつ患者の生活背景や思いを知り、療養生活を支援するために必要な外来看護のあり方について説明することができる。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 5.慢性病もつ人を複数受け持ち、患者とその家族のセルフケア能力をアセスメントし、維持・向
 上させるための看護実践ができる。
 6.慢性病をもつ人が社会生活を送るためのサポート・ネットワークや社会資源を把握し、援助に活かすことができる
 7.対象理解から援助の実施までの過程を評価し、修正し、よりよいケアにつなげることができる。
 8.継続看護のために必要な取り組みが行える。
 
 (態度・志向性)
 9.対象と治療的人間関係を築こうとする姿勢を持つことができる。
 10.看護と多職種との連携について理解でき、医療チームの一員としての役割を担う必要性を述べることができる。
 
【授業内容】
 ・慢性病をもつ患者1名以上を受け持ち、看護過程を展開する。
 ・実習に関連する部署の見学実習を行う。
 
 
 
 【授業外の学修】
 ・実習要項を事前によく読み、ポートフォリオのゴールシートに各自の目標を記載しておくこと。
 ・記載したゴールシートは実習初日に持参すること。
 ・実習に関連した講義の資料は事前に整理し、読んでおくこと。
 ・予定されている看護ケア、治療・処置については事前に学修しておき準備すること。
 ・配布された資料はファイルにとじておき、予習・復習を行うこと。
 
 
【教育方法】
 *前期に関しては、演習形式とし、遠隔授業(オンライン授業やメール)・個人ワークを中心として実施する。
 
 1.実習場所 山梨県立中央病院 内科系病棟、内科外来、通院加療がんセンター、患者支援センター
 2.実習期間  3週間
 3.グループ編成 別途配布
 4.学習方法   実習要項参照
 
 【実務経験のある教員による教育方法】
 教員の資格・職業・実務経験:
 実習指導を担当する教員は全員看護師資格を取得し、看護師としての実務経験を有する。
 
 具体的な教育方法:
 教員は看護師としての実務経験と臨床実習における指導経験を活かし、安全・安楽かつ実践的な実習ができるよう指導を行う。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 ・実習内容・実習記録・実習態度をあわせて総合的に評価する。
 ・別に配布する評価基準に従って学生が自己評価した上で評価面接を行い、総合評価を行う。
 
 知識・理解/思考・技能・実践:看護実践及び記録類(70%)
 
 (態度・志向性)
 態度・志向性:対象との関係形成、医療チームの一員としての姿勢、実習生としての実習態度(30%)
 
【必携図書】
 特になし
【参考図書】
 成人・老年臨床看護学T・Uの講義で使用した図書。
 その他、学生の実習状況に応じてその都度紹介する。
 
【履修上の注意】
 本科目の履修にあたっては、成人・老年臨床看護学T・Uの単位を取得していることが前提条件である。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ・これまでに学んだ看護の知識、技術、病態や治療方法を復習して実習に臨み、主体的に学習を進める。
 ・患者により良いケアを提供するには、自分自身の心身の状態を良好に保つことが重要であるため、生活面を整えて実習に臨む。
 ・患者の安全・安楽を最優先にしながら、体験可能な技術については計画的、積極的に行うこと。
 

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る