戻る

科 目 名  母性看護学実習
担 当 者  萩原 結花/名取 初美/平田 良江/飯嶋 玲奈/神山とき江/渡邊 由香
開 講 期 前期 履修年次 4 必修選択別

必修

単 位 数

2

時 間 数

90

授業形式

実習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 人間の性と生殖の意義を踏まえ、ヘルスプロモーションの視点から妊娠・分娩・産褥(子育て)期にある女性と子どもの健康と、各期の身体的・心理的・社会的特徴について看護実践を通して教授する。また、女性や子ども、家族の健康を維持増進するために必要となる社会資源、保健指導、看護の役割について教授する。
 
 学士専門力:「自己学修力」「探究する力」「援助関係形成力」「思考力・判断力」「看護実践力」「連携し協働する力」「変革を志向する力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 母性看護の対象との関わりを通して、妊娠の成立と各期の身体的・心理的・社会的状況とその変化および胎児・新生児期における子どもの身体状況や反応について理解することができる。また、正常・異常の判断ができ必要な援助について理解し、説明できる。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 母性看護の対象について身体的・心理的・社会的状況をアセスメントし必要な援助を考え実践できる。産褥期の母子を受け持ち、看護計画を立案し看護展開ができる。また、生命や性に対する自己洞察を深め、現代医療が抱える生命倫理的課題を考えることができる。
 (態度・志向性)
 事前学習や課題に主体的に取り組むことができる。
 
【授業内容】
 1.妊娠期
 1)妊娠の成立および生理的経過について学び、妊婦・胎児の健康状態をアセスメントする。
 2)妊娠期における女性の生活や心理について理解し、必要な保健指導について学ぶ。
 3)ハイリスク妊婦の身体的・心理的特徴を理解し、妊娠経過をアセスメントする。
 2.分娩期
 1)分娩期における観察点を学び、分娩期の母子の安全確保のための看護について考える。
 2)分娩に伴う産婦の苦痛や問題点などに気づき、産婦への支援について考え実践できる。
 3.産褥期
 1)産褥期における子宮収縮、悪露の状態等を観察し、全身の回復及び生殖器の復古の変化と特徴を理解し、それらを促進するための看護を考え、実践できる。
 2)産褥期における褥婦の乳房、乳汁分泌状態等の観察を通して進行性変化を理解し、母乳育児援助について考える。
 3)帝王切開後の褥婦の身体的・心理的変化を理解し、術後経過をアセスメントする。
 4)母親の新生児への接し方を観察し、母子関係の意義を理解し、母子相互作用や母親としての発達過程への看護について考える。
 5)産褥期の母子のよりよい生活を送るために必要な保健指導について考える。
 6)母子を取り巻く環境について実際的に学び、家族形成の視点で産む、生まれるについて理解する。
 4.新生児期
 1)新生児の生理的特徴を理解し、母体外生活への適応に向けての援助を考え実践できる。
 2)新生児の看護について学び、母親、家族への育児に対する指導を考える。
 3)新生児の看護過程を展開する。
 4)NICU・GCUの実際を見学し、ハイリスク児や家族への看護について学ぶ。
 5.受け持ち対象の看護過程を展開する。
 
 【授業外の学修】
 母性看護学T、母性看護学U、ヘルスアセスメント実践論、実践基礎看護技術Uの授業内容をよく復習し実習に臨む。
 
【教育方法】
 前期は、演習形式(学内 ただし、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の状況で遠隔授業のとなる)、遠隔授業(オンライン授業・メール)・個人ワークを中心としする。
 1.実習場所:山梨県立中央病院総合周産期母子医療センター
 2.実習期間:2週間(病棟実習が1週間、外来実習・分娩見学・援助実習等が1週間)
 3.グループ編成:2グループ(1グループ7〜8名)
 4.学習方法
 1)病棟実習
  ・原則として病棟実習は母子一組を受け持ち、看護過程 (退行性変化・進行性変化・母親役割・新生児)を展開する。但し、褥婦を受け持てない場合は、妊婦を受け持ち看護過程を展開する。
 2)外来実習
  ・産科外来では妊婦を受け持ち、母胎の健康状態をアセスメントする。
  ・分娩は見学援助実習、NICU・GCUは見学実習(半日)、出会い学級・マタニティビクスは妊婦と共に参加する。
  ・母乳外来では、産褥期の母子を受け持ち、健康状態をアセスメントする。
 3)カンファレンス・事例検討を実施し学生間で学びを共有する。
 
 【実務経験のある教員による教育方法】
 実習指導は上記施設に勤務する実務経験豊富な助産師、看護師と、臨床で助産師として実務経験のある教員が指導する。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 (知識・理解)&(思考・技能・実践)&(態度・志向性)
 実習評価表にもとづき実習到達度、実習態度、実習記録等により総合評価する。
【必携図書】
 「指定しない」
【参考図書】
 母性看護学T、母性看護学U、実践基礎看護技術Uの授業で使用した資料及び図書
【履修上の注意】
 ---
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 「母性看護学T」「母性看護学U」「実践基礎看護技術U」での学修が基礎となります。「母性看護学T」「母性看護学U」「実践基礎看護技術U」での学修が基礎となります。実習要項に基づき演習も含めて事前学習をして主体的に臨みましょう。事前に演習を計画する場合は担当教員に相談して下さい。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る