戻る

科 目 名  小児看護学実習U
担 当 者  横森 愛子/宗村 弥生
開 講 期 前期 履修年次 3-4 必修選択別

---

単 位 数

1

時 間 数

45

授業形式

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
  健康障害をもつ子どもと家族について理解し、成長・発達過程にある子どもとその家族に適切な看護を実践していくための知識、技術、態度を修得することを目的とする。
 
 学士専門力:「教養を高める力」「自己学修力」「探求する力」「援助関係形成力」
       「思考力・判断力」「看護実践力」「連携し協同する力」「変革を志向する力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 子どもの成長・発達や健康状態、家族の状況についてアセスメントできる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 子どもの成長・発達や健康状態、家族の状況をふまえた援助の実践・評価ができる。
 (態度・志向性)
 1.専門職者を目指す学生として、健康障害をもつ子どもや家族との関係が構築できる。
 2.医療チームメンバーの一員としての役割や責任について説明でき、学生としてふさわしい態度がとれる。
【授業内容】
 1.小児病棟における実習を想定した演習では、受持ち患児の成長・発達と健康状態、家族の状況をアセスメントし、患児には最善の利益にかなう看護を考え、家族には患児へのケア能力を高める看護を考え、援助計画を立案して看護を実践する。また、カンファレンスを通してグループメンバーと学びを共有し、様々な発達段階や健康状態にある患児と家族への看護について学びを深める。
 
 2.演習の学びから、小児看護の対象である子どもへの理解を深め、小児看護の看護観を養う。
 
【教育方法】
 オンライン上での実習を想定した演習を行う。
 具体的な方法は、1日目のオリエンテーションで説明する。開始時間は、前週に連絡する。
 Google meetを使用する。
 
 1.事例を用いて看護過程を展開する。
 2.看護実践については、ウェブ上でイメージをつけながら計画、実施する。
 3.カンファレンスは、テーマを設けてディスカッションを行い、小児看護について学びを深める。
【評価方法】
 (知識・理解)
 実習記録(日々の記録、看護過程など)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 実習記録(日々の記録、看護過程など)、カンファレンスでの発言内容、看護実践(実習)内容
 (態度・志向性)
 子どもや家族・医療者に対する態度、自己の健康管理、提出物の期限
 
 
  (評価評価項目・方法の詳細については、初日のオリエンテーションで説明する)
【必携図書】
 特に指定しない
【参考図書】
 1.「小児看護学T」「小児看護学U」「実践基礎看護技術U(小児看護学)」の必携図書及び参考図書、授業資料を活用すること。
 2.その他必要に応じて紹介する。
【履修上の注意】
  「小児看護学T」と「小児看護学実習T」「小児看護学U」の単位を修得していることが本科目の履修条件である。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 自己の健康管理には十分に留意し、演習に臨みましょう。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る