戻る

科 目 名  がん看護学
担 当 者  前澤 美代子/高岸 弘美
開 講 期 前期 履修年次 3 必修選択別

選択

単 位 数

1

時 間 数

15

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 がんは日本人の死因の第一位であり、いまだ死を意識せざるを得ない病気であり、人生においての脅威として受け止められる。一方で、治療技術の向上で生存率も飛躍的に伸びてきている。がんには特有の経過や治療があり、患者やその家族には特有の体験や思いがある。がんにかかった人が病気をどのように受け止め、どのような治療をして生きていくのかを理解し、がん患者とその家族の生活を支援するための知識と技術について教授する。
 学士専門力:「自己学修力」「探究する力」「援助関係形成力」「思考力・判断力」「看護実践力」
 
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 1 がん患者とその家族の特徴について説明できる(知識/理解)
 2 がん看護に必要な理論について説明できる(知識/理解)
 3 がんに特有な治療と必要なケアについて説明できる(知識/理解)
 4 緩和ケアについて説明できる(知識/理解)
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 5 がん患者をめぐる倫理的視点について説明できる(態度/志向性)
 6 がん看護に特化した看護技術〔リンパ浮腫のケア/ストーマケア)について説明・実践できる(思考/技能/実践)
 
 (態度・志向性)
 7 がんサバイバーの体験を聞きがん看護についての自己の考えを述べることができる
 (態度/志向性)
 
 
【授業内容】
 【授業内容】
 第1回 がん患者・家族の特徴と活用される主な理論 
  がん患者の特徴:がん患者の身体的、心理的、社会的 スピリチュアルな特徴
  必要な理論:危機理論、ストレスコーピング理論 死のアウエアネス理論など
 第2回 がん治療と看護@ 
  化学療法・放射線療法をうける人の体験とセルフケア支援
 第3回 がん治療と看護A
  手術療法をうける人の体験とセルフケア支援 
 第4回 がんリハビリテーション@ 
  癌のリハビリテーションの基本的概念 ストーマ造設した人のリハビリテーションとケア
 第5回 がんリハビリテーションA 
  がんサバイバーの体験  リンパ浮腫ケア演習
 第6回 緩和ケア・ターミナルケア
  緩和ケアの定義 緩和ケアを必要とする人の特徴と実践
 第7回 がん患者をめぐる倫理的視点 
  がん患者の倫理的側面の特徴  事例を用いての意見交換と発表
 第8回 がん看護に特化した看護技術
   リンパ浮腫のケア  ストーマケア アロマケア
 
 
【教育方法】
 【教育方法】
 アクティブラーニング
 および遠隔授業、毎回感想の提出を求めます。
 
 【実務経験のある教員による教育方法】
 ・前澤美代子
  がん看護専門看護師
  東京慈恵医科大学附属病院において消化器外科、救命救急科、血液内科・呼吸器内科の看護を実 践し、山梨県立中央病院において緩和ケア病棟での看護を実践してきた。
 ・高岸弘美
  看護師として、耳鼻咽喉科・口腔外科領域における頭頸部がんの患者に対する化学療法、放射 線療法、手術療法の看護を山梨県立中央病院にて実践してきた。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 定期試験 70%
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 レポート等提出物 20%
 (態度・志向性)
 授業への参加・演習への取り組み態度 10%
【必携図書】
 特になし
【参考図書】
 適宜紹介する
【履修上の注意】
 ---
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ・選択科目ですが、国家試験や実習に向けて役立つ重要な内容が含まれます。
 ・研究室に在室時はいつでも対応します。
 ・不在時はメール(miyomae@yamanashi-ken.ac.jp)で面談日程調整します。
 

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る