戻る

科 目 名  リハビリテーション看護論
担 当 者  米田 昭子 / 新藤裕治 / 小山 尚美
開 講 期 前期 履修年次 3 必修選択別

必修

単 位 数

1

時 間 数

15

授業形式

講義・演習

カテゴリ

地域課題科目

 
【科目の目的】
 リハビリテーションの意味を理解し、看護援助につなげることができるように知識・技術・態度を教授する。
 リハビリテーションを受ける対象の障がいの構造を国際障害分類(ICF)に基づいて把握し、必要な看護援助を計画・実践できるための基礎的な知識を教授する。
 学士専門力:「探究する力」「援助関係形成力」「思考力・判断力」「看護実践力」「連携し協働する力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 ・リハビリテーションとは何かを理解し、説明できる。
 ・リハビリテーション・チームにおける看護師の役割を説明できる。
 ・国際障害分類の特徴と構造を説明できる。
 ・障がいのある人への主体的回復、安全・安楽の確保、健康維持のためのケアの要点を説明できる。
 ・対象の発達特性をふまえたリハビリテーション看護について説明できる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ・障がいのある人の特徴にあった福祉用具の選択について考えることができる。
 ・障がいのある人の特徴にあった福祉用具を活用した移送、安楽な体位の保持について検討できる。
 ・自己の身体への負担の少ない(腰痛予防などへの配慮)移送の方法を実践できる。
 (態度・志向性)
 ・障がいのある人とその家族に関心を寄せることができる。
 ・その人らしい生活・人生を取り戻し維持していくプロセスを考えることの重要性を認識できる。
【授業内容】
 全て遠隔授業で実施します。
 
 第1回 リハビリテーション及びリハビリテーション看護の概念と歴史 (米田)
  1) リハビリテーションの概念と発展の歴史
  2) 障がいとは何か
  3) 障がい者の心理 その家族の心理
  4)  障がい者を支える法律 制度
 第2回 リハビリテーション看護の実践 @ (新藤)
  1) リハビリテーションにおける対象者の特徴
  2)  リハビリテーションにおける看護師の役割とチームでの協働
  3)   国際生活機能分類(ICF)による生活機能と障がいのアセスメント
  4)  経過別に見たリハビリテーション看護 -急性期 (重症化回避と離床への援助)−
 第3回 リハビリテーション看護の実践 A (新藤)
  1)  経過別に見たリハビリテーション看護 -回復期(生活の再構築・代償機能の獲得への援
  助)−
  2) 経過別に見たリハビリテーション看護 -慢性期(生活適応と再発予防への援助)−
 第4回 ライフステージから見たリハビリテーションの特徴 (仁宮)
     子どものリハビリテーション看護
 第5回 ライフステージから見たリハビリテーションの特徴  (小山)
     高齢者のリハビリテーション看護
 第6回 生活環境整備のための福祉用具の使い方 @ (窪田/米田/新藤)
 第7回 生活環境整備のための福祉用具の使い方 ➁ (窪田/米田/新藤)
 第8回 リハビリテーション看護の実践 B (米田/窪田) 
  1)  地域に暮らすリハビリテーション看護が必要な人々の支援・家族支援(生活空間のリハ     ビリテーション) 
  2)  社会参加への援助
  3)   職場における腰痛予防対策  
 
 【授業外の学修】
 ・ライフステージからみたリハビリテーション看護論 高齢者のリハビリテーションでは、事前学習課題を課す。(サルコペニア、骨折、等高齢者の特徴的な状態の理解)
 ・福祉用具の使い方に際して、以下を視聴する。
      拘縮予防・褥瘡予防・腰痛予防のためのケア技術 
 
 
  福祉用具の使い方 拘縮予防・褥瘡予防・腰痛予防のためのケア技術
【教育方法】
 1.パワーポイントや配布資料を用いて遠隔による講義形式で進める。
 2.第6回、第7回は、福祉用具の使い方について指定された教材の視聴を行う
 
 【実務経験のある教員による教育方法】
 ・オムニバス形式で多様な看護の経験がある講師を招いて教授にあたる。
  第1回は、慢性看護分野実践経験がある教員が担当する。
  第2回、3回は、リハビリテーション看護を専門とする教員が担当する。
  第4回は、小児看護専門看護師の資格を有する障害のある子どもをケアする専門病院で働く看  護師が担当する。
  第5回は、老年看護を専門とする教員が担当する。
  第6回〜8回 は、福祉用具の使い方をデンマークに留学して学び続ける看護師であり、福祉用具 プランナーである在宅看護学領域の教員が担当する。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 授業最後に行うテスト(課題) 70%   
 
 第1回、3回、4回、8回 の各授業最後にテスト(課題) 
 
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 各回のフィードバックペーパーの記載内容  20%
 
 第2回、5回、6回・7回 の 各授業最後にフィードバックペーパーの記載をしてもらいます(6回・7回は合わせて)
  
 (態度・志向性)
 授業姿勢  10% 
 
 第2回、5回、6回、7回 の 各授業最後に記載してもらうフィードバックペーパー
 の内容から、授業への参加姿勢を評価します
 
【必携図書】
 奥宮暁子他編『ナーシング・グラフィカ 成人看護Dリハビリテーション看護』第2版(メディカ出版 3960円)
【参考図書】
 酒井郁子 編集 :超リハ学 看護援助論からのアプローチ 文光堂
 窪田静 監修: 生活環境整備のための福祉用具”の使い方 日本看護協会出版会
 窪田静 編集: 楽に動ける福祉用具の使い方 多職種協働による環境整備 日本看護協会出版会 
 大熊由紀子 : 誇り・味方・居場所 私の社会保障論 ライフサポート社
 
【履修上の注意】
 ・看護師国家試験受験資格のための必修科目である。
 
 ・尚、新型コロナウイルスの感染拡大によっては、内容を一部変更することもあります。
 
 ・視聴媒体について、授業の中で伝えます。
 
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ・質問は授業中、オフィスアワー、フィードバックペーパーを活用すること。
 ・第6回、7回の授業に際し、課題を視聴しておく。
 ・尚、新型コロナウイルスの感染拡大によっては、内容を一部変更することもあります。
 

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る