戻る

科 目 名  精神看護学
担 当 者  野澤 由美/清水 智嘉/三澤 みのり
開 講 期 前期 履修年次 3 必修選択別

---

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 精神症状・問題行動を持つ対象のアセスメントならびに看護援助方法について,精神科領域で出会う主な患者の急性期から回復期,さらに社会復帰にいたる全過程での治療,リハビリテーション,活動を踏まえて学修できるよう教授する。特に看護過程展開については統合失調症患者の事例を用いて演習形式で学修を深めることができるように教授する。さらに,精神看護の専門性を活かしたリエゾン精神看護の機能についても学修することができるように教授する。
 
  学士専門力:「自己学修力」「探求する力」「思考力・判断力」「看護実践力」
        「連携し協働する力」「変革を志向する力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 1.精神的な健康問題を有する患者と家族への基本的な看護の視点について説明できる。
 2.精神障がい者が資源・制度・サービスを利用してのリハビリテーションについて説明し,事例に関連づけて説明できる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 3.オレム-アンダーウッド看護理論を用い,精神的な健康問題を有する事例のアセスメントができる。
 4.精神障がいにおけるリカバリーについての理解をもとに、支援についての自分の考えを持つことができる。
 (態度・志向性)
 5.精神障がい者の権利擁護や自己の精神障がい者観に関心を持てる。
【授業内容】
 第 1回 オリエンテーション,精神看護はどのような活動か,対象理解と看護実践のための考え方
 第 2回 精神看護におけるアセスメントとケアの理解@
 第 3回 精神看護におけるアセスメントとケアの理解A
     回復していく力「リカバリー」とは ストレングスとは
 第 4回 精神科リハビリテーション,精神障がい者を支えるサポートとは
 第 5回 気分障害を持つ患者の看護@
 第 6回 気分障害を持つ患者の看護A
 第 7回 暴力・興奮状態にある患者の看護
 第 8回 統合失調症を持つ患者の看護@/薬物療法/睡眠
 第 9回 統合失調症を持つ患者の看護A,看護過程事例紹介
 第10回 不安障がいを持つ患者の看護
 第11回 操作する患者の看護
 第12回 アディクションを持つ患者の看護
 第13回 看護過程演習(個人ワーク)
 第14回 個人ワークのまとめ/精神看護学実習に向けて
 第15回 リエゾン精神看護
 
【教育方法】
 1.遠隔授業で行います。
 2.初回授業時に配布される授業計画を参照し,予習をして毎回の授業に臨んで下さい。
 3.必携図書2冊と配布資料等で授業を進めます。
 4.看護過程では,統合失調症を持つ患者のアセスメント全体像を描き看護の方向性を見出していくことを個人で行い提出します。
 5.到達目標4・5についてはレポートを課します。
 
 
  【実務経験のある教員による教育方法】
  ・精神科病院、その他関連施設で看護師・保健師として実務経験を有する教員3名を中心に授業を
【評価方法】
 (知識・理解)
 1.客観テスト 45%
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 1.看護過程演習  20%
 2.課題レポート  20%(態度・志向性にも関わる)
 (態度・志向性)
 1.授業参加の状況  15%
【必携図書】
 ・川野雅資編集:「精神看護学T」「精神看護学U」,ヌーヴェルヒロカワ.2019.
  ⇒2年次にすでに購入したものを必携とします。
【参考図書】
 ・田中美恵子編著:「精神看護学 学生−患者のストーリーで綴る実習展開」,医歯薬出版.
 ・坂田三允総編集:「精神障害者エクスペール」,中山書店.
 ・坂田三允編:「シリーズ生活をささえる看護 心を病む人の看護」,中央法規.
 ・萱間真美 野田文隆編:精神看護学T・U「こころ・からだ・かかわりのプラクティス」,南江堂.
【履修上の注意】
 事前配布する授業プリント,精神看護学T・U(必携図書)等用いて予習して授業に臨んで下さい。
 新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては授業の内容や方法・評価方法に変更がある場合があります。教員からの連絡・情報をキャッチして学修を進めてください。」
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ・精神疾患の具体的な症状と治療(治療学各論U(精神))と精神保健論について復習するとともに、 講義資料の確認ができるように準備してください。
  ・精神障がい者への看護の視点を一緒に学修していきましょう。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る