戻る

科 目 名  老年看護学
担 当 者  渡邊 裕子/小山 尚美
開 講 期 前期 履修年次 3 必修選択別

必修

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

地域課題科目

 
【科目の目的】
 老年看護学の本質および概念,これらに関連する理論・知識について教授する。
  さらに生涯人間発達の視点からの高齢者理解ならびに統合的・包括的な高齢者理解に基づいた援助の視点を基本に,加齢と疾病によって引き起こされる高齢者特有の生活機能障害への援助方法について教授する。
 
 学士専門力:「教養を高める力」「自己学修力」「探究する力」「援助関係形成力」「思考力・判断力」「看護実践力」「連携し協働する力」「変革を志向する力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 ・老年看護の本質および概念,これらに関連する理論・知識について理解し,説明できる。
 
 ・生涯人間発達の視点ならびに統合的・包括的な視点から高齢者を理解し,説明できる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ・上記の高齢者理解を基本に,加齢と疾病によって引き起こされる高齢者特有の症候ならびに生活機能障害をもつ高齢者とその家族への援助方法について理解し,説明できる。
 (態度・志向性)
 ・講義およびフィールドワークには,授業前後の自己学習時間を含めて,主体的に取り組むことができる。
【授業内容】
 1回 : ガイダンス,老年看護の概念,高齢者の理解(生涯人間発達・包括的視点からの理解),CCRC
 
 2回 : 人口の高齢化と高齢者の暮らし
     高齢者ケアシステムの歴史的変遷
    
 3回 : 高齢者ケアシステムと看護
 
 4回 : 認知症という“病”を抱えながら生きる高齢者の理解
     
 5回 : 認知症という“病”を抱えながら生きる高齢者とその家族への支援
 
 6回 : 高齢者の主要徴候と看護〜脱水・睡眠障害〜
 
 7回 : 高齢者の外科的・薬物治療時のマネジメントと看護
 
 8回 : 循環器系疾患のある高齢者への看護
 
 9回 : 脳神経系疾患のある高齢者への看護
 
 10回: 老年看護の倫理的課題〜高齢者虐待・身体拘束 他〜
 
 11回: 高齢者の終末期(end-of-life)のケアと看護の役割
 
 12回: 高齢者の看護過程の特徴
     基本的看護の構成要素・生活歴のアセスメント/全体像
 
 13回: 高齢者の理解(生活歴のアセスメント)
 
 14回: 高齢者の理解と看護(全体像から看護の方向性へ)
     
 15回: まとめ(学びの整理と老年看護における自己の課題の明確化,老年看護学実習に向けて)
 
 
 【授業外学習】
 第1回
 「人間発達援助論_老年期(2年次履修)」での学びを復習しておくこと。
 
 第2回〜12回
 ・必携図書の関連ページを読んでおくこと。
 ・前の回で事前課題が指示された場合は,取り組んで臨むこと。
 ・第10回では「看護倫理の原則」を復習しておくこと。
 ・第12回では記録様式1(生活歴のアセスメント)・記録様式2(基本的看護の構成要素のアセスメント)・様式3(全体像)を大学HP「資料ダウンロード」から印刷しておくこと。
 
 第13回
 インタビューする高齢者を各自が決定し,内諾を得ておくこと。
 
 第14回
 第13回でインタビューした事例について,生活歴のアセスメント(記録様式1)と全体像(記録様式3)を深めた上で,自己の意見(考え)を持ってディスカッションができる態勢で臨むこと。
 
 第15回
 「老年看護学」の目的・到達目標を踏まえて自己の学びを振り返り,質問や意見交換ができる態勢で臨むこと。
 
 
 
【教育方法】
 【教育方法】
 ・Google ClassroomとGoogle Meetで双方向の遠隔授業を中心に展開するが,一部はフィールドワーク(電話によるインタビュー)を行う。
 
 <アクティブ・ラーニングを取り入れた教育方法>
 ・“なぜ?”“どうして?”等,学生の思考をより深めるような問いを適宜設定する。
 ・minutes paper等で,自己の考えを述べる機会を毎回設定する。
 
 1. 講義
 【授業外の学修】での予習を前提に(事前課題を含む),PowerPointやDVD等の映像及び具体例を用いて,講義をすすめる。
 
 2.フィールドワーク
 身近な高齢者の生活歴について電話(同居の場合は対面可)でインタビューし,記録用紙にまとめる。(詳細は第1回・第12回講義時に説明する。)
 
 
 【実務経験のある教員による教育方法】
 担当教員は,老年看護学分野で豊富な臨床経験を有しているため,これまでの臨床経験を踏まえて講義・演習をすすめていく。詳細については,ホームページの看護学部教員一覧を参照のこと。
 
  看護学部教員一覧
【評価方法】
 (知識・理解)
 ・小論文形式の筆記試験(20%)講義内容の全てが出題範囲となる。
 
 
 
 
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ・フィールドワークにより深めた生活歴のアセスメント記録(15%)
 
 ・各講義におけるminutes paperによる学びの整理状況(52%)
 (態度・志向性)
 ・遠隔授業への参加姿勢・態度・事前課題への取り組み状況(13%)
【必携図書】
 ・水谷信子, 水野敏子他編集:最新老年看護学(第3版)2020年度版,日本看護協会出版会(3,800円)
 
 ・正木治恵編集:パーフェクト臨床実習ガイド 老年看護(第2版),照林社(3,000円)★ 2年次購入済
【参考図書】
 ・ヴァージニア・ヘンダーソン 著,湯槇ます・小玉香津子 訳:看護の基本となるもの,日本看護協会出版会(1,200円)
 ・その他,その都度紹介する。
【履修上の注意】
 ・本科目は「老年看護学実習」の履修条件(必須)となる科目であり,COC+ CCRCコースの専門発展科目です。
 
 ・既習の病態治療学,治療学各論,中でも「治療学各論U(老年医学)」,「人間発達援助論」,「ヘルスアセスメント実践論」ならびに「実践基礎看護技術V」での学びを踏まえ,関連づけて学んでください。
 
 ・第12回に使用する記録用紙は,事前に大学ホームページ(資料ダウンロード)から各自がダウンロードして講義に臨んでください。
 
 ・必ず事前学習をして,疑問や不明点は講義時間内で質問ができるように準備をして臨んでください。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ・既習科目の復習を含め,事前学習(時間外学習)を心がけて,主体的に学びましょう。
 
 ・初回授業にて,授業概要についてガイダンスを行います。
 
 ・教員への質問は,下記のメールを活用してください(「老年看護学」の授業日9時〜16時)。
  渡邊:yuwatanabe@yamanashi-ken.ac.jp
  小山:fujimaki@yamanashi-ken.ac.jp
  ※件名を「質問_老年看護学_学籍番号○○」とする。
 

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る