戻る

科 目 名  小児看護学U
担 当 者  横森 愛子
開 講 期 前期 履修年次 3 必修選択別

必須

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
  小児看護学Tの内容を基盤とし、健康障害が子どもと家族に及ぼす影響について理解し、子どもの成長・発達や健康レベルに応じた支援や看護ケアを教授する。
 
 学士専門力:「教養を高める力」「自己学修力」「探求する力」「援助関係形成力」
       「思考力・判断力」「看護実践力」「連携し協働する力」 
【到達目標】
 (知識・理解)
  子どもに現れる急性期の特徴的な症状と看護、健康障害が子どもと家族に及ぼす影響について理解し、述べることができる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 1.子どもの成長・発達、健康レベルに応じた看護実践について、根拠に基づき判断して他者に述べることができる。
 2.健康障害を抱える子どものセルフケア能力を促進させる看護を考え、述べることができる。
 
 (態度・志向性)
 1.事前学習を行い、積極的に授業に臨むことができる。
 2.各回の授業において、授業内容と自己の考えを照らし合わせながら看護について考え、その内容をリフレクションペーパーに記述できる。
【授業内容】
 第1回 子どもと家族への看護実践のあり方
      ・子どもの全身状態を評価する指標:機嫌と啼泣
 第2回 小児に現れやすい症状とその看護 
      @発熱
 第3回 小児に現れやすい症状とその看護
      A下痢   B脱水
 第4回 小児に現れやすい症状とその看護
      Cけいれん 
 第5回 小児に現れやすい症状とその看護
      D呼吸困難
 
    *@〜Dの内容は、順番が変更になる場合があります。
 
 第6回 検査・処置を受ける子どもの看護
      ・プレパレーション 
 第7回 小児に特有な検査・処置時の看護
 第8回 外来受診、入院を必要とする子ども・家族の看護
 第9回 手術を受ける子どもと家族の看護@
 第10回 手術を受ける子どもと家族の看護A
 第11回 慢性期にある子どもと家族の看護@
      ・症状増悪期から回復期における看護
 第12回 慢性期にある子どもと家族の看護A
      ・子どもと家族が行う自己管理への支援
 第13回 障害をもつ子どもと家族の看護 
     在宅療養を行なう子どもと家族の看護
 第14回 終末的経過にある子どもと家族の看護
 第15回 小児の看護過程の展開
 
 【授業外の学修】
 1.必携図書の授業内容に関連する箇所を事前に読んでおくこと
 2.提示した事前学習について、決められた期日までに取り組むこと
     
【教育方法】
 1.遠隔授業を行います。Google Classroom、Google Meetを用いた双方向授業を行います。
  *授業方法が変更になる際には、事前に説明します。
 2.看護実践の場面は、事例や動画を活用しイメージできるように教授します。
 3.課題の成果物を共有し、多様な思考を知ることにより学びが深まるように工夫します。
 4.リフレクションペーパーを記述することにより、自己の看護観が育まれるようにします。
 5.発問の種類や構成を工夫して、学生の思考を深めるように工夫します。
 
 【実務経験のある教員による教育方法】
  看護師としての小児看護の臨床経験を活かして、教授する。
  
【評価方法】
 (知識・理解)
 ・各回の授業で実施する事前課題や授業の内容に関する知識の確認                 (第2回〜第14回で実施。各5%=65%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ・リフレクションペーパーの提出 (第1回〜第14回:10%)
 ・授業で提示するテーマに関するレポート 15% (第15回で実施予定)
 (態度・指向性の評価を含む)
【必携図書】
 1.奈良間美保、他著:系統看護学講座小児看護学2『小児臨床看護各論』(医学書院)    2.中野綾美編:ナーシング・グラフィカ小児看護学@『小児の発達と看護』(メディカ出版)
 3.山元恵子監修:写真でわかる小児看護技術(インターメディカ)
【参考図書】
 1.中村友彦編:ナーシング・グラフィカ小児看護学B『小児の疾患と看護』(メディカ出版)
 2.奈良間美保、他著:系統看護学講座小児看護学1『小児看護学概論 小児臨床看護総論』(医学書院)
 3.浅野みどり編:『小児看護技術』(医学書院)
 
  その他、授業の中で紹介します。
【履修上の注意】
 3年次後期に開講される「小児看護学実習U」は、本科目の単位修得を履修条件としている。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ・遠隔授業のため、受講する環境を準備して授業に臨みましょう。
 ・当日の授業内容は、事前学習をして受講し、理解度を高めましょう。
 ・本科目での学びは、実践基礎看護技術U、小児看護学実習Uに継続していきます。子どもの成長・発達や健康障害に応じた看護実践について、主体的に授業に臨み、学びを深めていきましょう。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る