戻る

科 目 名  日本語の構造(音韻・文字)
担 当 者  二戸 麻砂彦
開 講 期 後期 履修年次 3・4 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 日本語の音韻と文字について、日本語学の立場から分析・解説する。
 学士力:「国際コミュニケーション専門力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 日本語の音韻と文字について、客観的な知見を深める。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 日本語の実態を分析し、日常の言語生活の中で生かせるようになる。
 (態度・志向性)
 言語は時間的変遷の上に成り立つ社会的な文化であることを常に認識できる態度や指向性を目指す。
【授業内容】
 前半は、現代日本語の音声について、一般音声学の成果を活用しながら考察を進め、さらに音韻論的な解釈を加えて行く。また、日本語音声の歴史的な変遷も概説し理解を深める。
 後半は、漢字・仮名・ローマ字という数種の文字を使用している日本語の文字の実態について分析する。それぞれの文字が持つ特徴と歴史を概説し、さらに音声言語とのあるべき関係を考えて行く。
 詳細は初回の講義時に示す。
 第01-03回/1. 現代日本語の音声
 第04-05回/2. 音韻論による解釈
 第06-07回/3. 日本語の音韻史
 第08-09回/4. 音声と文字の関係
 第10-11回/5. 現代日本語における文字の諸相と問題
 第12-13回/6. 漢字の移入と仮名の創成
 第14-15回/7. ローマ字の導入
【教育方法】
 講義形式。
【評価方法】
 (知識・理解)
 授業への取り組み(30%)
 単元ごとの課題作成(70%)
 日本語の音韻と文字について、客観的な知見を深めたかどうか。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 授業への取り組み(30%)
 単元ごとの課題作成(70%)
 日本語の実態を分析し、日常の言語生活の中で生かせるようになったかどうか。
 (態度・志向性)
 授業への取り組み(30%)
 単元ごとの課題作成(70%)
 言語は時間的変遷の上に成り立つ社会的な文化であることを常に認識できる態度や指向性を目指したかどうか。
【必携図書】
 教科書に相当のプリントを配布する。
【参考図書】
 和田利政・金田弘『国語要説 五訂版』(大日本図書)
 金田弘・宮腰賢『新訂 国語史要説』(大日本図書)
 その他、多数につき、随時紹介する。
 
 
【履修上の注意】
 教諭免許状課程(国語)の選択科目。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 多数につき、随時紹介する。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る