戻る

科 目 名  日本語の構造(文法)
担 当 者  西部 由佳
開 講 期 後期 履修年次 3 必修選択別

日本語教員必修

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 自身の日本語を深く観察し、考え、自ら探り出すことで文法概念を身に付けていくことを目的とする。日本語の文法を日本語教育という視点から捉え、見直していけるよう指導をしていく。
 
 学士専門力:「国際コミュニケーション専門力」 「外国語活用能力」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 日本語文法について日本語教育という観点から理解を深め、文法項目に関する知識を身に付けることができる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 自身の日本語運用を観察し、考えることで、文法の規則を見つけていくことができる。このプロセスを通して、日本語教育の実践の現場で役に立つ力を身に付けることができる。
 (態度・志向性)
 受け身ではなく、実際に使われている日本語をよく観察し、興味を深め、自ら探り出す姿勢を身に付けることができる。
【授業内容】
 1.オリエンテーション 第1章 日本語文の構造
 2.第1章 日本語文の構造
 3.第2章 主題化1
 4.第2章 主題化2
 5.第3章 自動詞と他動詞
 6.第4章 ヴォイス1
 7.第4章 ヴォイス2
 8.第5章 テンス1
 9.第5章 テンス2
 10.第6章 アスペクト1
 11.第6章 アスペクト2
 12.第7章 ムード
 13.第8章 複文の構造1
 14.第8章 複文の構造2
 15.まとめ
 定期試験は試験週間に行う。
 *各回の内容は授業の状況に応じて調整する。
 【授業外の学修】
 ・各回、テキスト中の問題、または配布プリントを解いてくる宿題が出る。
 
【教育方法】
 基本的に講義形式で行うが、様々な例文から文法規則を考え出す、問題を解く
 という作業をペア・グループで話し合いながら行う。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 筆記試験50%
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 課題提出20%
 (態度・志向性)
 平常点30%(出席/ペア・グループワーク参加度/授業参加度)課題提出20% 
 
【必携図書】
 原沢伊都夫『考えて、解いて、学ぶ日本語教育の文法』(スリーエーネットワーク、
 2014、1,600円+税)
 
【参考図書】
 原沢伊都夫『日本人のための日本語文法入門−これだけは知っておきたい日本語の基礎』(講談社現代新書、2012)
【履修上の注意】
 2015年度以降入学生:日本語教員養成課程必修科目
 履修予定の人は必ず第一回目の授業から参加してください。
 テキストは第一回目の授業から使います。各自、準備をしておくこと。
 
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 積極的な授業への参加を望みます。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る