戻る

科 目 名  西洋思想史
担 当 者  藤谷 秀
開 講 期 後期 履修年次 新2 旧3・4 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 「西洋とは」「思想とは」「歴史とは」と問いかけつつ、ヨーロッパにおける思想の歴史について、とくにヨーロッパが生み出した哲学思想に焦点を当てながら、理解を深めていきます。また、「西洋」という観念は、今や過去のものとなりつつありますが、この変化自体についても、現代的な思想的問題として考えます。
 学士専門力:「国際コミュニケーション基礎力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 ヨーロッパの思想の歴史について、概括的に理解することができる。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 「西洋思想史」に関する授業での問題提起をきっかけに、自ら問題を発見し、それについて考えを深めることができる。
 
【授業内容】
 @問題としての「西洋」「思想」「歴史」
 Aヨーロッパ史の概観と思想史のひとコマ
 B「西洋」/「ヨーロッパ」とは
 C「思想史(思想の歴史)」とは
 Dヨーロッパ古代の諸思想
 Eヨーロッパ中世の諸思想
 Fヨーロッパ近世の諸思想
 Gヨーロッパ近代の諸思想
 Hヨーロッパ現代の諸思想
 I「自然」をめぐって
 J「知(真理)」をめぐって
 K「自己と他者の関係」をめぐって
 L学生の学期末レポート(「思想を読む」)発表(1)
 M学生の学期末レポート(「思想を読む」)発表(2)
 N学生の学期末レポート(「思想を読む」)発表(3)
 ※受講者数によって、レポート発表の授業回数を変更することがあります。
 
 【授業外の学修】
 ・ヨーロッパの思想家の著作を読み、その概要と批評を授業で発表するとともに、レポートを作成し、提出してください。
 
【教育方法】
 担当教員による問題提起的な講義と、受講者からのコメント、またグループ別のディスカッションなどによって、授業を進めます。
 
 ★テレビ会議システム(Zoom)とメールを使った遠隔授業ですので、授業時間に、Wifiが使える環境で、動画と音声が受信できる端末を用意してください。詳細は履修登録した受講者にメールでお知らせします(メールは全て大学のGMailを使います)。
【評価方法】
 (知識・理解)
 学期末レポート(40%)と授業への取り組み(60%)を総合して、成績評価を行います。評価基準は、ヨーロッパの思想の歴史について、概括的に理解することができているか、です。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 学期末レポート(40%)と授業への取り組み(60%)を総合して、成績評価を行います。評価基準は、授業での問題提起をきっかけに、自ら問題を発見し、それについてどれだけ考えを深めることができているか、です。
【必携図書】
 教科書は特に使用しません。適宜プリントを配布します。
【参考図書】
 授業時に適宜指示します。
【履修上の注意】
 ---
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 この授業の基本は、ヨーロッパ思想の歴史について知識を得るというよりもむしろ、そこで提起されてきた問題を受講者自ら考えるところにあります。質問や相談への対応方法については、授業時に指示します。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る