戻る

科 目 名  キャリアデザインU
担 当 者  安達 義通/兼清 慎一
開 講 期 前期 履修年次 2 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

地域関連科目

 
【科目の目的】
 学生が、これからのキャリアを主体的に考え、そのための行動に主体的に移ることができるよう、手助けをする。これが本講座の目的です。(キャリアという用語は、一般的には、職業・技能上の経験、経歴を意味します。本講座では、キャリアについて、職業・技能に限定して考えるのではなく、生活、余暇、結婚、出産・子育て、住居も含むライフスタイル全般から捉えていきます)
 講義、グループワーク、情報収集、ディスカッション、体験発表など、多様なメニューを用意します。これらのメニューへの参加を通じて、学生のみなさんに、キャリアについての自分なりの考え方、自分なりのキャリアの選択方法と選択基準を発見してほしいと考えています。
 また、自己PRを書く機会が増えるのに備えて、学生が、自身の望みと魅力に気づき、それを表現できるようになることも本講座の目的とします。
 学士力:「想像力・表現力」「実践力・問題解決力」「人間関係形成力」「自己学修力」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 キャリア形成に、他者から与えられる正解はなく、自ら正解をつくるしかないことを知る。
 就職活動というシステムの構造を理解し、客観的に説明できる。
 キャリアをめぐるメディアの言説を理解し、客観的に説明できる。
 
 
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 社会(または他者)と自分を関連づけて考えることができる。
 その一方で、社会(または他者)から与えられた考えと、自分の思考と感情を切り離して考えることができる。
 自分が必要とする知識を自ら探り当て、その知識のリサーチ方法を自ら考えることができる。
 
 (態度・志向性)
 他者の考えを、ひとまずありのまま受け入れ、自分の考えと照らし合わせる習慣が身につく。
 自分の考えを、ありのままに伝え、他者からの反応を素直に受け止める習慣が身につく。
 自分にとっての常識、いわゆる世間の常識をひとまず疑ってみる姿勢を持つ。
 望むキャリアは、他者から与えられるものでなく、自分で作り上げるものだという覚悟を持つ。
 
【授業内容】
 自分のことをどう見るか。社会をどう見るか。2つの視点を行き来しながら、授業を進めます。
 授業内容は、講師の都合等により、変更になる可能性があります。
 
 第2回〜第4回は、「やまなしJIBUNデザインワークショップ」(4月25日に開催する県内他大学と合同で実施するワークショップ)です。
 
 第1回:大学生活の振り返り/人生設計を自由に考えてみよう@【ワークショップ】
 第2回:やまなしJIBUNデザインワークショップ
 第3回:やまなしJIBUNデザインワークショップ
 第4回:やまなしJIBUNデザインワークショップ
 第5回:集団の中での自分はどんなタイプなのか/人生設計を自由に考えてみようA【ワークショップ】
 第6回:自己PRを考えよう@/「企業が求める人材と現在の自分」(自分がPRできるもの、足りないものを確認し、残りの大学生活に活かす)【講義・ワークショップ】
 第7回:自己PRを考えようA【発表・ワークショップ】
 第8回:これまでの振り返り/これからの大学生活をイメージしよう@【ワークショップ・発表】
 第9回:就活って何だろう@【講義・ワークショップ・発表】
 第10回:卒業生と話そう【講義・ワークショップ】
 第11回:社会人と話そう【講義・ワークショップ】
 第12回:就活って何だろうA/自己PRを考えようA【ワークショップ・発表】
 第13回:キャリアサポートセンターの紹介/自分が今知りたいことは何か【講義・ワークショップ】
 第14回:キャリアサポートセンターのイベントに参加しよう【講義ほか(授業日以外で設定します)】
 第15回:まとめ:自己PRを考えようB/人生設計を自由に考えてみようB【発表】
 
 【事後の学習】
 毎回、授業後、ワークシートを振り返り、コメントをつけておくこと。
【教育方法】
 @2人以上の教員で授業を行います。(キャリアを考える際には、多様な考え方に触れることが望ましいため、複数の教員で担当します)
 A「自分で考え、自分で言葉にする作業」と「仲間とおしゃべりしながら進める作業」を交えながら、進めていきます。発表が苦手な人にも、発表を楽しめるように工夫します。むしろ他者に向かって言葉を発することをみなさんが楽しめるようにしたいと考えています。
 Bキャリアサポートセンターと連携して授業を進めます。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 期末のレポート(30%)
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 授業参加態度、ワークシート、リアクションペーパー(35%)
 
 (態度・志向性)
 授業参加態度、ワークシート、リアクションペーパー(35%)
 
【必携図書】
 使用しません。
【参考図書】
 その都度、紹介します。
【履修上の注意】
 第2回〜第4回の「やまなしJIBUNデザインワークショップ」は、学外での授業です。
 4月25日(木)18時30分〜20時30分
 山梨県立図書館多目的ホールで開催します。
 
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 キャリアは、自分で主体的に形成していくものです。教員及びキャリアサポートセンターは、その手助けに労を惜しむものではありませんが、あくまでも主体は学生自身です。そんな心構えで授業を履修してください。そうすれば、きっと、自分自身の将来のキャリアに対する見通しがいくぶんか明るくなるはずです。がんばりましょう!
 

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る