戻る

科 目 名  キャリアデザインT
担 当 者  吉田均、黒羽雅子ほか
開 講 期 前期 履修年次 新1 旧2 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

地域関連科目

 
【科目の目的】
 本講座は、社会人へのキャリア形成のための入門講座として開講する。
 授業のねらいは、
 (1)「働くことの意味」「職業意識の醸成」など働くことや自らの生き方・進路について、自らの人生とキャリアをデザインする機会を提供する
 (2)就職先として可能性の高い業界で、実際に働く卒業生や実務経験者を講師として招き、その職場がどのようなところなのか、また就職するためにはどのような準備が必要かなどについて、体験を伺い学生との質疑応答をする。
 
 学士力:「想像力・表現力」「実践力・問題解決力」「人間関係形成力」「自己学修力」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 職業についての基本的な情報を得て、その内容をさらに発展できる。また、多様な仕事の実態を理解することができる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 1)自らのキャリアを職業選択に関連させ、自分の将来をライフデザインできるような基礎能力を   習得し、発表できる。
 2)就職という視点から、社会を多面的に捉えることができる。
 3)自分の良いところを説得的に伝えることができる。
 (態度・志向性)
 1)職業選択について真剣に取り組む態度を見せられる。
 2)自分の将来の就職先を模索することができる。
 
【授業内容】
 講義の内容は、履修者のレベルや関心などに応じて変更していく可能性があるが、現時点での授業計画は次の通りである。
 なお第3回〜第4回は、4月25日18:30〜20:30、山梨県立図書館で、「やまなしJIBUNデザインワークショップ」18:00〜20:30(山梨県立図書館多目的ホール)で、県内他大学と合同で実施する公開講義とその振り返りを当てる。
 第1回:オリエンテーション【講義】
 第2回:キャリアサポートセンターの紹介【講義】
 第3回:やまなしJIBUN Design ワークショップ【講義、ワークショップ】
 第4回:やまなしJIBUN Design ワークショップ【講義、ワークショップ】
 第5回:就職関連でのアクティブラーニングとは? 【講義】
 第6回:試験テーマの発表と準備方法 【講義】
 第7回:中間授業評価と学生討論 【講義、ワークショップ】
 第8回:業界研究(広告・広報) 【ゲストスピーカーの講義】
 第9回:業界研究(観光) 【ゲストスピーカーの講義】
 第10回:業界研究(公務員) 【ゲストスピーカーの講義】
 第11回:業界研究(製造業) 【ゲストスピーカーの講義】
 第12回:事業型インターンシップ 【ゲストスピーカーの講義】
 第13回:就職までのキャリア計画1【ワークショップ】
 第14回:就職までのキャリア計画2【ワークショップ】
 第15回:まとめ 【講義、ワークショップ】
 
 【授業外の学修】
 「毎回授業後には、振り返りメモを提出すること」
 「授業中に紹介した活動の内、関心を持ったボランティア活動や行事等があれば参加すること(任意)」
 
【教育方法】
 1)学内外からの複数の教官で講義をします。
 2)一部の講義では、自己分析や企業研究などの演習も実施します。
 3)一部の講義では、受講者どうしのディスカッションや就活経験者との交流も実施します。
 
 【実務経験のある教員による教育方法】
 笹川平和財団プログラムオフィサー、外務省専門調査員、東京財団研究員、環日本海経済研究所客員研究員として、国際交流や国際協力を企画実施、関連政策を研究してきた。これらの実務経験を活かし、関連するキャリアの現状や準備方法について教授する。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 期末のレポート(70%)
 (態度・志向性)
 授業参加態度(30%)
【必携図書】
 特になし。
【参考図書】
 その都度、紹介する。
【履修上の注意】
 1)新1年生が受講できます。翌年、新2年生では、「キャリアデザインU」を受講できます。
 2)第3回から第4回は、「やまなしJIBUNデザインワークショップ」を、県内他大学と合同で実施する公開講義(4月25日18:30〜20:30、山梨県立図書多目的ホール)。  関連サイト
【過去の活動状況】
  未来計画研究社
【学生へのメッセージ】
 この授業の基本は、受講者が自らの生き方や進路を考えるところにあります。「自分の人生をどう生きるのか」という問題意識をもって、受講してください。質問や相談への対応方法については、授業時に指示します。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る