戻る

科 目 名  運動と人間−実技W:(金4)
担 当 者  川村 協平
開 講 期 前期 履修年次 1 必修選択別

選択

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

実技

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 生涯にわたって主体的、積極的にスポーツを楽しむために、バトミントン等、個人やチームで行うネット型スポーツを中心にして、基礎的な運動技能を指導すると共に、グループ学習により協働・協力する力やコミュニケーション力を教授する。また、ゲームの運営を通して、ルールの遵守し、計画的なマネージメント能力等について、実践的に指導する。
 学士専門力:「自己学修力」「人間関係形成力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 ネット型の個人・チームで行うスポーツの特徴や楽しさを理解し、知識として基本的なルールを説明することができる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 各チームスポーツに必要な基礎的な運動技能の獲得し、試合等で実践することができる。
 (態度・志向性)
 他者を尊重し、チームとしてスポーツを楽しむことができる。
【授業内容】
 1. オリエンテーション
 2. バトミントンのルールの理解
 3. バトミントンの基本的な技術の習得@(サーブ・レシーブ)
 4. バトミントンの基本的な技術の習得A(ラリー練習)
 5. バトミントンの基本的な技術の習得B(守備練習)
 6. バトミントンのゲーム@(課題の見極め)
 7. バトミントンのゲームA(チームでの作戦)
 8. バトミントンのゲームB(対抗戦の企画運営)
 9. バトミントンのゲームD(観戦と評価)
 10. 新しいネット型スポーツの紹介と実践@
 11. 新しいネット型スポーツの紹介と実践A
 12. 卓球、またはテニスの実践@(基礎的技能の習得)
 13. 卓球、またはテニスの実践A(基礎的技能の応用)
 14. 卓球、またはテニスの実践B(ゲームの実践)
 15. 卓球、またはテニスの実践C(ゲームの観戦)
 受講人数、天候等により、内容を変更する場合があります。
【教育方法】
 【授業外の学修】
 ・基本的なルールを理解してくる
 
 【教育方法】
 ・実技を中心に一斉指導とグループ学習を組み合わせて行う。
【評価方法】
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ・課題レポート(30%)
 (態度・志向性)
 ・各回の授業参加、ふりかえり提出状況(70%)
【必携図書】
 特になし
【参考図書】
 授業で紹介します
【履修上の注意】
 安全に楽しく運動ができるように心身のコンディショニングを整えて授業に臨みましょう
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 とにかく楽しもう、たくさん動こう、技術を磨こうなど、前向きに取り組んで愉快で有意義な
 時間を共有しましょう

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る