戻る

科 目 名  中国語作文2
担 当 者  平野 和彦
開 講 期 後期 履修年次 1・2 必修選択別

選択

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 中国語作文1に続き、中国語による作文の基礎を学ぶことを目的にした授業である。中国語の発音の基礎は習得したものとして授業を進め、中国語と日本語表現との違いから中国語の構造がどのようなものかを理解する。中国語作文1で読解したレベルの文章を基本として、より高度な内容を中国語で文章にできるようになることが最終目的である。代表的な日本文学の中国語訳や中国映画の字幕(日本語・中国語)なども参考にして、中国語への翻訳、日本語への翻訳とはどのようなものかを対照しながら、より高度な会話場面を構成して応答を行える準備段階としても位置付ける。
 学士力:「外国語活用力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 中国語の発音を繰り返し練習することにより、より正確・確実な発音で発話ができるようになる。中国語の基本的文法構造及び作文論理を理解するとともに、より実践的な多くの文章を暗記・発話することにより、中国語的思考とより高度な作文能力を身につけることができる。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 最終的に200-300字程度のより高度な中国語作文ができ、中国人と中国語を使ってそれに相応したより高度なコミュニケーションができる。
 
 (態度・志向性)
 中国語と日本の相違点をより高度に理解し、中国語的思考の構造を積極的に吸収するとともに、日本語的思考に存在する本質的課題を察知することができるようになる。
 
【授業内容】
 第1回  私はパンダを見たいです。ー願望、義務、当然を表す。
 第2回  私は中国語が話せます。ー可能表現。連動文。
 第3回  彼は来るのがとても早い。ー主述述語文。様態補語。
 第4回  彼は私にカメラをくれます。ー二重目的語。
 第5回  もうすぐ2時になります。ー近い未来を表す。
 第6回 教科書練習問題復習。
 第7回 作文・会話練習@ー自己紹介。
 第8回 作文・会話練習Aー友人の紹介。
 第9回 作文・会話練習Bー大学生活。
 第10回 中国語検定準4級対策と作文@
 第11回 中国語検定準4級対策と作文A
 第12回 中国語検定準4級対策と作文B
 第13回 中国語検定準4級対策と作文C
 第14回 作文のまとめ@。
 第15回 作文のまとめA。
 
 ※なお、指定教科書で不足するないようについては、参考図書から抜粋した作文問題を使用する。
 
【教育方法】
 作文を発表し、他の受講者の作文と比較しながらより正確な中国語表現に近づく。全員で会話練習を行い、教員が実際に発音を示しながら正しい発音を身につける。グループに分かれて会話を練習する。続いて、文学作品や映画などを参考にしながら、グループごとにより高度な会話場面や日常的な会話場面を構成して、まずそれを日本語でシナリオ化し、中国語に訳して発表する。その中国語が正しいかどうか全員で添削しながら意見を述べ合い、正しい中国語に直して中国語の構造を理解する。
【評価方法】
 (知識・理解)
 定期試験(60%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 レポート、小テスト(20%)
 (態度・志向性)
 作文、発声、発表(20%)
【必携図書】
 テキスト・授業時に指示またはプリント配布、word入力画面による。
 必携図書は授業時に指示する。
 
【参考図書】
 @『中国語学習ハンドブック』相原茂編著・大修館書店・ A『日本語と中国語のアスペクト』日中対照言語学会・白帝社・ B『日本語と中国語の対照研究論文集』大河内康憲編・くろしお出版社・ C『誤用から学ぶ中国語』郭春貴著・白帝社・ D『中国語作文』郭春貴ほか著・白帝社
【履修上の注意】
 中国語作文1の単位取得者が引き続き履修すること。単位未修得者は受講することができない。履修しない場合は、前期の単位を取り消す場合がある。この授業を履修するには、中国語基礎・中国語総合・中国語文法・中国語会話と聴力を、同じ年度内に前後期あわせて通年で※8単位すべて履修しなければならない。中国語現地演習参加希望の学生は、この科目を履修しないと参加できないので、注意をすること。
 ※この科目は日本人学生のための授業である。留学生と中国人学生およびネイティブスピーカーはこの履修は履修できない。
 ※人数制限等を行う場合がある。また、第1回目の授業から出席すること。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 中国語や中国文化に興味を持つ学生の受講を大歓迎します。単位取得のためだけに受講しないこと。積極的に授業に参加してください。わからないことは授業内に積極的に質問して解決し、更に質問がある場合はいつでも応じます。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る