戻る

科 目 名  英語Writing2(伊藤)
担 当 者  伊藤 ゆかり
開 講 期 後期 履修年次 1 必修選択別

必修

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 英作文の基本であるパラグラフ・ライティングの習得を目的とする科目である。「英語Writing 1」で学んだいろいろな表現を生かしながら論理的かつ説得力のある英文を書くためには、きちんとしたパラグラフで書くことが必要不可欠である。この科目では、まずパラグラフ・ライティングを理解し、その上でパラグラフ作成を練習する。
 学士専門力:
 国際コミュニケーションコース「外国語活用能力」
 国際ビジネス・観光コース「外国語活用能力」
 地域マネジメントコース「外国語活用能力」
【到達目標】
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ・書式にそって、適切に構成されたパラグラフが書ける。
 ・パラグラフを推敲することができる。
 ・多様なパラグラフを書くことができる。
【授業内容】
 パラグラフの書式にそって、構成を考えつつ、モデル・パラグラフを読みながら、いろいろなパラグラフを作成する。パラグラフの推敲も練習する。
 授業計画
 @パラグラフの構成の復習、Unit 9: Analysis Paragraph, reading model paragraphs
 AUnit 9: Analysis Paragraph, Exercises
 BUnit 9: Analysis Paragraph, Organizing
 CUnit 10: Cause Paragraph, reading model paragraphs
 DUnit 10 Effect Paragraph, reading model paragraphs
 EUnit 10: Cause and Effect Paragraph, Exercises
 FUnit 11: Persuasive Paragraph, reading model paragraphs, Prewriting
 GUnit 11: Persuasive Paragraph, Exercises
 HUnit 11: Persuasive Paragraph, Organizing
 IUnit 12: Problem-Solution Paragraph, reading model paragraphs
 JUnit 12: Problem-Solution Paragraph, Exercises
 KUnit 12: Problem-Solution Paragraph, Organizing
 LUnit 13: About the Essay, Unit 14: Changing a Paragraph into an Essay
 MUnit 14: Changing a Paragraph into an Essay, Exercises
 NUnit 15: Writing an Essay from the Beginning
 
 【授業外の学修】
 ぅ教科書の各ユニットにおける説明文をあらかじめ読んでおく。
 ・レポートを5回程度課す予定である。課題に関する授業中の説明をよく聞いて、取り組むこと。
【教育方法】
 各ユニットを1〜3回で行なう。説明文は必ず読んでおくこと。適宜プリントを用いる。
 
 
【評価方法】
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 授業への参加45%、レポート55%により評価する。
【必携図書】
 Taylor, Kluge著、Basic Steps to Academic Writing(センゲージラーニング)、\2,700(税別)
【参考図書】
 必要に応じて授業の中で紹介する。
【履修上の注意】
 3クラスの内どのクラスに入るか、初回授業までに必ず確認すること。クラスが確認できるまで、教科書を購入しないこと。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 授業中に英文を書くことが多いので、辞書を毎回持ってくること。
 質問などは授業中に受けるほか、オフィスアワーに研究室(A館4階408)で対応します。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る