戻る

科 目 名  ジェンダー論
担 当 者  山内 幸雄
開 講 期 後期 履修年次 1・2・3・4 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 社会的文化的性差・歴史的構築物としてのジェンダーについて、歴史を振り返りながら理解を深めるように、男女共同参画をめぐる現代的・地域的諸課題について扱う中で、自らの生活と生き方を見直す機会を提供する。授業では、心・身体・社会・法のさまざまな観点から、現代日本におけるジェンダーに関する諸問題について解説する。
 
  学士力:「自然・社会・文化理解」「自己学修力」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 ジェンダーに関する基礎的な知識を身に着け、男女共同参画をめぐる地域の諸課題と関連させながら理解し、説明できる
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 現代の様々な問題について、ジェンダーの視点から自らの考えをまとめ、伝えることができる。
 (態度・志向性)
 ジェンダーの視点で問題を発見し、主体的に学び、考えようとすることができる。
【授業内容】
 ◇Part 1 ジェンダー観はどうつくられてきたか
 第1回 オリエンテーション:「ジェンダー」という概念/日本の男女平等度
 第2回 男女共同参画社会基本法とジェンダー平等
 第3回 女性の権利の歴史とジェンダー平等(*1)
 第4回 子育てのジェンダー問題
 第5回 男性から見たジェンダー問題
 第6回 女性として/男性としての「私」のこれまで(ジェンダー・アイデンティティを見つめる)
 ◇Part 2 具体的なジェンダー問題を考える
 第7回 ジェンダー平等の推進手法(大型紙芝居によるワークショップ)(*2)
 第8回 立案・決定への参画とジェンダー平等 (*3)
 第9回 自治体のジェンダー平等の推進
 第10回 女性の貧困と雇用問題
 第11回 性暴力(DV・デートDV)と人権
 ◇Part 3 セクシュアリティとジェンダー問題
 第12回 性ホルモンとLGBTについて考える
 第13回 セクシュアリティ・同性愛・私たちの身体について考える
 第14回 「結婚」のジェンダー問題:なぜ、結婚するのか/しないのか
 第15回 自分らしい人生とジェンダー平等
 
 【授業外の学修】
 出席の確認を含め、毎回授業内容についての「ふり返り質問票」を提出してもらいます。
 
【教育方法】
 ジェンダー問題を多角的・具体的に理解するために、毎回配布するワークシートや資料、映像に基づいて講義し、受講生同士の話し合いを含めながら双方向的に進める。また(*)印の回は、地域社会で男女共同参画推進に取り組んでいる方々や女性差別を経験した当事者の方などをゲスト講師に招いて、学びを深める。
【評価方法】
 (知識・理解)
 課題レポート(70%)
 (態度・志向性)
 各回のふり返り内容(30%)
【必携図書】
 テキストは用いず、必要な資料はそのつど配布します。
【参考図書】
 「ジェンダーの発達心理学」(ミネルヴァ書房)、「ジェンダー心理学」(朝倉書店)、「0歳からのジェンダー・フリー:男女共同参画*山梨からの発信」(生活思想社)、「岩波女性学事典」(岩波書店)、「ジェンダー視点の実践活動――未来につなげる男女共同参画」(生活思想社)など。
【履修上の注意】
 ・出席の確認を含め、毎回授業内容についての「ふり返り質問」を提出してもらい、評価の一部とします。
 ・履修希望者が教室の受容範囲を超えた場合、保育士資格課程履修生を優先するとともに抽選などで対応する場合があります。
 
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 日頃、当たり前と思っている「男性/女性として」の自分自身の意識や役割行動が、歴史的・社会的にどう作られてきたのか、あらためて考えてみましょう。両性の関係やジェンダーについて身近な問題を通じての、また法的視点からの考察を交えながら<性>を見直してみることで、自身の<人生>に関する新しい見方が得られるでしょう。話し合いやグループ作業を通じて、いろいろな人の意見を聞くことも貴重な体験です。積極的に話し合いや発表に参加してください。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る