戻る

科 目 名  環境論
担 当 者  箕浦 一哉
開 講 期 後期 履修年次 1・2・3・4 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

地域関連科目

 
【科目の目的】
 人間と生活環境・自然環境の関係についての基礎的理解力をつけることを目的とする。そのために,具体的な環境問題について多角的に学び,環境問題の構造を立体的に把握する力を養う。
 
 学士力:「自然・社会・文化理解」「自己学修力」「地域・国際コミットメント力」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
  環境と人間の関係について多角的な視点から理解し,説明することができる。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
  環境に関する基本的な課題について自ら思考し,判断することができる。
【授業内容】
  授業では、自然科学的観点と社会科学的観点から、生活環境・自然環境をめぐる基本的問題について学ぶ。担当教員が講義をおこなうほか,問題をより多角的・具体的に理解するために、現場などで実践的な活動をしておられるNPO,企業などの方や行政職員の方などをゲスト講師としてお招きする。ゲスト講師による授業は6回程度を予定している。
 
 授業予定
  1.環境をどのように考えるか
  2.草原と環境ボランティア
  3.自然環境を考える
  4.自然保護の方法
  5.獣害問題を考える
  6.サステナビリティを考える
  7.ESDを考える
  8.地球温暖化を考える
  9.海洋プラスチックゴミを考える
 10.環境と国際社会
 11.消費社会と環境
 12.環境と経済活動
 13.イベントとリユース食器
 14.環境に関する情報を判断する
 15.ふりかえりとまとめ
 
【教育方法】
 講義形式で授業を進める。必要に応じゲスト講師を招く。また,ビデオ教材等も随時用いる。
【評価方法】
 (知識・理解)
 中間レポート(35%),期末レポート(35%),各回コメント(30%) によって評価します。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 「知識・理解」と併せて評価します。
【必携図書】
 別述指示します。
【参考図書】
 別途指示します。
【履修上の注意】
 ---
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 現場で活動する方などさまざまな外部ゲストのご講義が例年好評です。  関連サイト

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る