戻る

科 目 名  倫理学
担 当 者  藤谷 秀
開 講 期 後期 履修年次 新:1、旧:2・3 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 この授業のねらいは、倫理学的な諸問題について理解を深めながら、他者との関わりの中で自らがいかに生きるかを考える機会を提供することです。
 学士専門力:「国際政策教養力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 自らの生き方の問題とも関わらせながら、倫理学的な諸問題について理解することができる。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 倫理に関する授業での問題提起をきっかけに、自ら問題を発見し、それについて考えを深めることができる。
 倫理について自らがどのような考え方をしているのかを振り返り、それを自分の思想として示すことができる。
 
【授業内容】
 @倫理とは−慣習倫理と反省倫理
 A倫理学とは−倫理学の歴史の概観
 B倫理学の基本的問題−事実と価値・規範
 C倫理学の基本的問題−近代社会の倫理
 Dいちばんひどい犯罪って何?(テキスト第1章)
 Eどんな種類の盗みも同じように人に害を与える? (テキスト第2章)
 F他者を苦しめるのはぜったいだめ? (テキスト第3章)
 G約束することと欺くこと(テキスト第4章)
 H黄金律と敬意(テキスト第5章)
 I連帯―人助けの義務(テキスト第6章)
 J共感と反感(テキスト第7章)
 K罰と責任能力(テキスト第8章)
 L徳と自己決定(テキスト第9章)
 M人生の意味(テキスト第10章)
 N倫理学的問題についてのレポート発表と話し合い
 
 【授業外の学修】
 ・各回で取り上げる内容について、事前にコメントを準備し、授業で発表します。
 ・授業で取り上げた倫理学上の問題についてレポートを作成し、提出してください。
 
【教育方法】
 テキストを読みながら、受講者による意見発表とディスカッションなどによって、授業を進めます。
【評価方法】
 (知識・理解)
 学期末レポート(40%)と授業への取り組み(60%)を総合して、成績評価を行います。評価基準は、取り上げられた倫理学的諸問題をどれだけ理解しているか、です。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 学期末レポート(40%)と授業への取り組み(60%)を総合して、成績評価を行います。評価基準は、授業での問題提起をきっかけに、自ら問題を発見し、それについてどれだけ考えを深めることができているか、また倫理について自らがどのような考え方をしているのかを振り返り、それを自分の思想として示すことができているか、です。
【必携図書】
 トゥーゲントハットほか(鈴木訳)『ぼくたちの倫理学教室』(平凡社新書、800円)
【参考図書】
 授業時に適宜指示します。
【履修上の注意】
 「公民科」教職課程の学生は必修科目です。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 この授業の基本は、受講者が自ら考えるところにあります。「自分自身の倫理観をもつ」という意気込みで、受講してください。質問や相談への対応方法については、授業時に指示します。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る