戻る

科 目 名  宇宙の科学
担 当 者  高橋 真理子
開 講 期 前期 履修年次 1 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 星は地球上の生命(いのち)すべてが時空を超えて共有できる唯一の風景です。人類が誕生したその時代から、人々は、星空から時間の概念や、数学の概念、そして想像力さえも獲得してきました。そして、私たちはどこからきてどこに向かうのか・・ということを知るために、科学を積み上げてきました。現代の科学が教えてくれる宇宙観は、どんな人にも「よりどころ」になります。その宇宙観を体に染みこませるのがこの講義の目的です。
 学士専門力:「自然・社会・文化理解」「自己学修力」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 星空が歴史の中で、どのように日常的な概念(特に時間や暦)に結びついてきたかを説明でき、最新の天文学のトピックスや課題について話題にすることができる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 宇宙内存在である、人間、生命、地球に想いをはせ、そこで感じたことを、言葉などで表現することができる。格段に星空を見上げる機会が増える。誰かに、その向こう側に広がる世界を伝えることができる。
 (態度・志向性)
 積極的に自ら疑問に思い、質問することができる。
【授業内容】
 1.星を見上げる意味〜宇宙を知ることは自分を知ること
  2.世界共通の時間の流れをしる1
  3.世界共通の時間の流れをしる2
  4.月の魅力
  5.宇宙のスケール〜太陽系
  6.太陽系の仲間たち
  7.オーロラ・流星
  8.星とは何か? 〜太陽のような星
  9.星の一生と私たち
  10.銀河とブラックホール
  11.宇宙・地球カレンダー(宇宙のはじまりから概観する)
  12.宇宙全体の構造、ダークマター
  13.宇宙のはじまりや重力波
  14〜15. レポート課題にむけて(自分ごとにしていく)
 ※橋が行っている、病院や施設などにプラネタリウムをとどける活動や、星空文化発信の活動(星つむぎの村)、星を介してのユニバーサルデザイン活動、山梨でおこなっている「ライトダウンやまなし」についても紹介をしていきます。
 
【教育方法】
 自由自在に宇宙を旅できるツールUNIVIEWの映像や音楽を使いながら講義をすすめます。毎回、質問事項を出席カードに書いてもらい、次の講義の際になるべく応えていく形をとります。
【評価方法】
 (知識・理解)
 毎回の授業のコメントと質問の内容(30%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 最終レポート(50%)
 (態度・志向性)
 毎回の出席カードへの記入(20%)
【必携図書】
 特になし
【参考図書】
 橋真理子「人はなぜ星を見上げるのか―星と人をつなぐ仕事」(新日本出版)
【履修上の注意】
 授業内の科学館プラネタリウム見学はしません。
【過去の活動状況】
  星空工房アルリシャ(高橋真理子)公式URL
  星つむぎの村 公式URL
  病院がプラネタリウム 公式URL
【学生へのメッセージ】
 天文ときいてもあまりピンとこない人も多いと思いますが、「星を見るのがキライだ!」という人は、あまりいないのではないかと思います。星空は、人類の思考形成に大きな影響を与えてきました。「星を見上げること」は、みなさんの将来の仕事にも、そして自分自身を見つめる機会としても、きっと大切なものをもたらすだろうと確信します。また、「星つむぎの村」で、一緒に活動をしたいという人も大歓迎です。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る